ヘアドネーションしたいけど、髪型どうしたらよいか分からない人への ヒント (になったらいいな)

ヘアドネーションしたいけど、髪型どうしたらよいか分からない人への ヒント (になったらいいな)

ヘアドネーションでは、あなたの思い出がつまった髪を、その志しと共にお預かりさせていただいてます

 

僕がお伝えしたいのは、

ヘアドネーションを より意義のあるカットにするためにも、

毛束を切ったあと あなた自身が さらにハッピーになれる髪型を見つけましょう! ってことです

 

でも、

ずーっとロングヘアだから、美容室に行くまでの周期も長いし、普段は結んでるだけだし...

あれ? 髪型って どうやって決めるんだっけ!?

みたいな方もいらっしゃるかと思います。

 

この記事が そんな方へのヒントになれば嬉しいです

 

 

スポンサーリンク

 

さて、髪型どうする?

 

結論からいうと、ドネーション後の髪型は ボブスタイルにする方が多いです

長めボブ、短めボブ、

段あり・なし、

前下がり度合い、など違いはありますが。

 

そもそも 31cm 切ると、選択肢がボブかショートあたりになるってのもあります。

 

美容室で いざヘアカタログをパラパラめくっても おそらく決めようがないと思います。

どれも素敵な髪型で、どれが自分に似合うのか分からないからです。

もう一つ付け加えると、実はけっこうスタイリングされてる、写真映えするモデルさんばかり載ってるからです。

 

なので、髪型を相談する上で まず最初に考えるべきは

切った後に、(1)またロングに戻していきたいのか

それとも、(2)髪型をそのまま維持したり、ちょっとくらい伸ばせればOK  か

ざっくりと その2択から考えると、髪型選びが グッと楽になると思います。

で、ボブはどちらかというと…

 

…どちらの場合でもイケる髪型です。

中途半端な長さよりも、1つの髪型として成立してる感がありますからね

ロングに戻していくにしても、ちょっと遠回りですが

そのまま伸ばしやすいです(さすがに途中で 前下がりラインは修正した方がよいですが)

 

ボブはトップの髪が長めになってるから、時間経っても髪型の崩れが少ないのもメッリトですね

美容室に行く周期が長め、もしくはスタイリングなんてあまりしたくない

そんな方にも相性良いのではないでしょうか

 

基本は 好きな髪型にするのがベストだと思いますが、

・朝どのくらい髪に時間をかけれるのか

・または、どこまでならできるのか

(濡らす・濡らさない、ドライヤーする・しない、アイロン巻く・巻かない  …など)

・整髪料をつけるのはOKか

ここらへんは決め手として大事なところです。

 

あとは、髪質ですね。

同じような髪型に切っても、それぞれ見え方は違ってきます。

 

 

 

4人の事例を見てみましょう♪

 

お一人目

こちらのお客さまは、普段ずっと髪をしばってました。

うねりの強い髪質なので、また伸ばしていくパターンです。

ドネーションのために、頑張って伸ばしてくれてたそうです。後日、お母さまもドネーションでいらしてくださり、親子で身も心も軽くなっていただきました!

 

 

できるだけ長く寄付されるため ばっさりといきました。ワンレン型ですね

この写真はブローしてます。

一緒にいらしたお母さまには、ドライヤーのコツや心得などお話しさせてもらいましたが、

学生さんで、毎日この状態を維持してるのは無理なので(体育とかあるだろうし)

現実的には、もっと ウネリのでてる感じだと思います。

 

カット後、いずれまた しばれるようにしていきたいなら、トップからの段があまり入ってない方がおすすめです。(もちろん ワンレン型じゃなくても大丈夫です)

 

表面の髪は長め設定( 今回はワンレンの段がないケース )なので、普段 ザクっとまとめられればOK であれば、この長さでも十分です

ただ こめかみ~もみあげと、えり足の毛は、結ぶ位置から距離があるので、長さが足りず落ちてきやすいです。

ガッチリしばりたいっていう方は、肩くらいの 長めボブのほうが安心ですよ~

(その代わり、下ろしてるときは かなりハネますけどね)

逆算してカットしましょう!

 

お二人目

髪質・太さ、普通。

クセでうねるっていうより、パサパサしやすい乾燥毛で、湿度あるとまとまらないタイプ。

何はともあれ 素敵な笑顔ですね。

 

その後も、しばらくボブでいくかも!? という方

 

前髪がサイドと同じくらいの長さで、ベースはいわゆる前下がりボブです

(アゴのとこの髪は少しカールしてる分、前下がりには見えないと思いますが、度合いは いろいろなんです )

段に関しても、バックからフロントにかけて 前下がりの段が入っていて

丸みの位置が鼻の高さより下にくるようになってます。

前髪のある・なしに関係なく、ボブの定番シルエットの1つです

 

首の長さや 筋肉の付き方など、人それぞれ骨格 (つくり) の違いがあるので、

横顔や 首のラインを どう見せたいかで、サイドやえりの長さ設定を考えると良いかもしれませんね

 

 

では3人目の方

細くて ボリュームが でずらい髪質。

もしかしたら、いつかまたドネーションするかも! という 心意気をお話ししてくれました♪

素晴らしい!!

 

なので、また伸ばしていく予定~

 

この髪質に合わせるなら、あまり凝ったことしない方がベターかと

シンプルなボブ

実はお二人目の方と、カットはそんなに変わらないんですね。髪質とスタイリングの違い。

 

広がらず 髪がキレイに見えやすいぶん、髪型の選択肢が少なめです。

こういう方は、ふわっとしたボリューム感と無縁なので、そのままだと 長さの違いでしか表現が難しいです。

 

いつかパーマ当てるのもいいかもしれません(かかりづらく、とれやすいので、手法に注意して)。

たぶんアイロンでつけたカールだと 何時間ももたなそうなので。

 

しかし 緊張がほぐれて 良い表情です~、お疲れさまでした!

 

ラスト 4人目です

乾燥しやすく、カラーやパーマすると痛みやすい髪質

ヘアドネーションが、ばっさりと髪を切る良い理由になったそうです

しばらくロングだったので、今後は短めでもOKとのこと!

 

 

ショートヘア!

シャンプーやドライがどれだけ楽になることか♪

 

バッサリ切るとき、事前には分からないクセがよく出てくるんですよね

とくに後頭部の真ん中から えりあし辺りに

でもこのくらい短ければカバーしやすいです

ハネるところを切り落とせちゃうから!!

 

前髪やサイドが長めショートなら

 

 

そもそも、みなさん ハネる&膨らむ に困る方が大半ですが、

ボブで表面の毛の長さを残すのか

ショートまで切り込んで目立たなくするのか

ロングになるまで耐えるか

はたまた、根本的な解決として 縮毛矯正 (ストパー) をうまく使うのか

 

細かい所は切ってみるまで分からないのは、お客さまも美容師も同じです

いったんボブにして、少しづつ短くしていくのも ありかもしれませんね

 

 

 

いざ切った後の大事なポイントは…

 

 

 

さて、ばっさりカットした後

ふだん意識するべきは、とくに頭頂部の根元の はえグセ!!

しっかり刻まれてしまっている キッチリ分け目を ぼかして

トップを つぶさないように乾かしていきましょう

 

ここ勘違いされてる方多いですが、

分け目は、前髪あり・なし の作りにより目立ちづらくなりますが、

最終的には ドライヤーの当て方でぼかします

カットの技法では どうにもなりません。

 

担当の美容師さんに ドライヤーの当て方やポイントを聞いてみてください。

全体が短くなったぶん、思ってるほど大変ではないと思いますよ~

長年の習慣が 毛穴の向きにも影響してますので

しっかり時間をかけて分け目を馴らしていきたいですね。

 

 

P.S    ↑↑↑ だったのですが、  特殊カットにあたる ” ヘアリセッター “ という技術を習得したことにより、その問題は解決しました。

美容師さんの間でも有名ではないし、名前くらいは知ってる方も、きちんとその効果まではご存知ないと思います。(いっけん胡散臭いし、毛流をコントロールできるって 常識外れなことなので)

きっちり習得してる美容師さんのところへ行けるのならオススメです!

(たとえ ヘアドネーションと関係なくても 髪が扱いやすくなるので 僕は好きな技術です)

 

 

余談ですが、こんなデータ取ってみました~ ご興味あればどうぞ♪

 

 

まとめ

 

骨格・髪質・(根元の)はえグセ・スタイリング力

などは人それぞれなので、髪型作りにおいて 正解・不正解はありません。

ドネーションされる場合、とくに上記の点を踏まえて 担当の美容師さんと相談してみてください。

意外と そんなに選択肢は多くないかもしれませんから。

一応 ドネーションの場合、僕はボブ率が高いです。

 

むしろ、洗うのと乾かすのは 楽になったぶん、分け目対策だけは しっかりしましょうね!

お風呂から出たあと 自然乾燥してしまうと、はえグセに負けてボリュームがでづらくなりますよ~。

忙しいとは思いますが、頭頂部や クセのでやすいところは早めの ドライがおすすめです!

 

 

極端な話・・・髪型の違いより、トップのボリューム感の違いの方が インパクト大です。

頭頂部がのっぺり潰れてると、視覚的に横広がりに見えやすいため、美容室ではだいたい ひし形シルエットを基本に置いてます。

髪型に正解はないとはいえ、美しく見られやすいバランスはあるので

ヘアドネーションと共に、あなたらしい髪型やお手入れを探してみてくださいね♪

 

 

良きヘアライフのヒントは見つかりましたか?

ではまたお待ちしてます!

以上、エンダヨシノブでした

長い文章読んでいただき ありがとうございました ヽ(^o^)丿

スポンサードリンク

ヘアドネーションカテゴリの最新記事