【ビフォー アフター】デジタルパーマで毛先ワンカールボブ♪ コテ・アイロンがいらなくなった日

【ビフォー アフター】デジタルパーマで毛先ワンカールボブ♪ コテ・アイロンがいらなくなった日
    

もう少しで20年選手になる
美容師 エンダヨシノブ(@enda_yoshinobu) です

 

 

われわれの業界、美容師といえば  ボブ。。。

(…ですかね?)

一生の内で ボブスタイルどのくらい切るんだろう

 

好きですか?ボブ

あふれかえってるからこそ、普通のボブを丁寧に作りたい

そう思います

 

今回は ボブで毛先ワンカールさせたいけど、

コテやアイロンは残念ながら苦手…

ボブだと顔や首に 火傷しそうだし…

 

じゃあ パーマってどうなのよーっていう方向けです♪

※ 実例写真 14枚と解説

 

 

 

と、ちょっとその前に…

身近にパーマかけてる人っていますか?

実は カラーしてる人に比べたら全然少ないんです

コテとか上手く巻ければ困らないですし

 

だから、パーマへの誤解や トラウマ持ってる人が ちょこちょこ います

大事なので、よければ少しお付き合いください~

 

まず、パーマをかけるなら

デジタルパーマ」か「エアーウェーブパーマ」がおすすめです

(髪質とダメージレベルによりますが)

 

パーマメニューのネーミングは美容室ごとに ひねり出して作ってるので

よく勘違いされてますが、パーマ自体の種類は たった「3つ」しかありません!

 

① 普通のパーマ

② デジタルパーマ

➂ エアーウェーブパーマ

 

は  メニュー名に

・コスメなんちゃら~

・オーガニックなんちゃら~

や、スチーム(蒸気)を当てるものまで 幅広いです

 

ロッドを巻いて、薬剤の力のみを利用して かけていきます

髪が濡れてる時 → カール感がはっきり出てる

乾くにつれて  → カール感がじょじょに伸びてく

ドライヤーのかけ方次第でカールを出せるけど、反面 さぼるとダレて見えることも

(髪質によります)

ブローしてカールをのばすスタイルの場合は、確実にこちらを選びます

 

 

② と ➂   薬剤の力を利用してかけるタイプのものです

熱とは、昔からある 頭上をグルグル回ったり、お釜みたいなので温められることではなく

「巻いた全てのロッド」に、機械のチューブ or コード を接続し、温めて、髪を『完全乾燥』させるタイプのこと

デジパーを導入してる美容室の方が圧倒的に多く

エアーウェーブは昔からあるわりに、なんか認知度が低いような...

 

デジタルパーマ、エアウェーブパーマは

乾かした後にもカール感が(勝手に)出やすい特徴があります

→ 再現性が良いといわれる所以です

 

しかし

デジパーは 薬剤 や 熱 が過剰反応しやすく、繰り返していると髪が大怪我をするケースもあります

担当者を選ばないと、一発でレッドカードなんてことにも…

(もしそうなったら、その部分は切るしかありません)

 

僕は両方とも あまり強く作用させないようにしてますが

(かけ方が適正であれば)総合的にはエアーウェーブの方がダメージが少ないです

・髪質

・ダメージ

・ヘアスタイル

・スタイリングレベル

どうパーマをかけるか、髪をしっかり見てから判断します

 

いざパーマをかけて…

” 感激 “ できるか

” まぁ こんなものかな? “ ってなるか

” これ失敗~?? “ ってなるかは

パーマの前段階や途中での、美容師さんの判断1つひとつで大きく変わります

 

前置きが長くなりましたが、とても大事な点なので 参考までに

続いて、デジタルパーマでのワンカール実例紹介編です♪

 

 

BEFORE

 

ご来店時の状態、1カ月前くらいにカットと(普通の)パーマをされたそうです

 

 

毛先ワンカールスタイルを希望したようですが、ご覧のように

ご自身でカールを表現するのはちょっと難しそうです

 

「ゆるめのパーマ」は意外と難しいものなんです

ゆるめのパーマ → 難易度高い

しっかりパーマ → 難易度普通

 

ささ、ここから始めていきますよ~

 

 

先ずは切るべし!

 

毛先にソギ(軽さ)が多く入っていると、パーマスタイルには不向きなので

カットしてバランスを整えます

 

 

段を入れ直して、ベースカットと軽さ調節 終了~

髪が濡れてるので、毛先に ” 普通パーマ ” の名残が少し

 

 

薬剤 (1液)塗布 ~ ロッドまきまき♪

デジタルパーマの場合、縮毛矯正と同じ薬剤を使う美容室が多いです

が、僕はパーマ液を使用してます

なので縮毛矯正の延長でなく、パーマの考え方をベースにかけています

 

かかりの計算のしやすさの問題ですので、どちらでも良いかと思います

(美容室により取扱い薬剤が違うので、正解はないです。担当者さんが表現しやすいのが一番)

 

 

そして、カール感があまり要らないところは

以前のパーマの名残を ありがたく使わせていただきます♪

パーマを重ねることより、結局 新たにダメージを作ってしまいますからね

 

黄色いスティック差し込んでると、リアル ” 黒ひげ危機一髪 ” に

(なくても大丈夫でしたが念のため)

 

最近では、ワンカールを出すことには慣れてますが、いかに余分なダメージを減らせるかに注意しています

自分の不注意や怠慢で起こしてしまうダメージは、髪にとって モッタイナイですからね

 

いつだって最適になる工夫は大事だと思います

 

 

AFTER ウエット~ドライ

 

2液(固定するための薬)を流して、最後にもシャンプーをして

仕上げ前はこんな感じに

 

 

不要なウェーブは作らず、毛先ワンカールのパーマのみができあがってますね♪

( = ブローで伸ばすような 作業がいらない)

 

美容師のドライヤーテクニックを使わず ばっさばさ乾かしても ↓↓↓

 

 

 

こう言っちゃなんですが、こんな乾かし方でも 毛先にパーマがでてくれて

自然とボブのカットラインが活きてくれます♪

 

普通のパーマはここでダレてしまうこともあるので、ドライヤーのかけ方が重要になるんですよね

そういうのが得意な人・労力をかけれる人はいいかもしれませんが

やらなくても済むなら、それに越したことはないのかと

 

さてこのあと 少しハサミ入れて微調整しますが、もう完成形が見えますよね?

最後に軽めのWAX付けたらこんな感じに~ ↓↓↓

 

うん、髪が曲がるって素晴らしいですね

 

 

毎日(継続して) コテやアイロンをするよりダメージが少なく

このくらい楽にカールが出るなら、有りだと思いますが いかがでしょう?

 

『毎日のスタイリングの7割代行』型パーマです

 

(そうは言っても、必要ならコテ・アイロンの巻き方もお伝えしてるので、どうしてもって方も心配はご無用~)

 

ちなみに、禁断の ” 縮毛矯正の上からパーマ ” でもここまでに!

 

 

注意点!

ご覧いただいたように、” 毛先ワンカール ” は デジタルパーマを使うと良い感じになりますが

デジタルパーマは非常に難しい技術です

・現在ある髪のダメージ

・薬剤と熱コントロール

担当者の経験値

全ての条件が整ってないと失敗されるメニュー

 

対策として

「担当者」か「美容室」を選ぶ

地域の美容師さんの個人ブログ・SNSを検索して、安心できそうなところを探しましょう

※ 初回はパーマをしてくれない事もあるかもしれません

 

担当美容師さんによって やり方は様々で

たとえ同じ薬剤・機械・道具を使っていても、扱ってる理論」「 視点」 が違えば 結果も変わってきます

 

正解は1つだけとは限りません。自分もまだまだです

上手い美容師さんは それこそ沢山いますから、長く付き合える人を探してみてください(^^)

 

 

おまけ♪ ~お客さまの半年後~

 

さて あれから2か月後に、髪型をキープするため毛先を2cmカットして

さらにその後 4カ月たち こんな感じになってます( 合計6カ月後 )↓↓↓

 

 

暑い時期でほとんど髪を結んでること多いそうですが、毛先に残ってるパーマは

まだまだ使えるカール感ですね♪

 

 

このあと暑さ対策にバッサリ切っちゃうんですが…

向かって左側(手前)は濡れてる状態

向かって右側(奥)は乾いてる状態

にしてみました

デジパー あまり誤差ないんですよね、ワンカール派には助かるや!

ってことで 前髪のみパーマ復活させました~ ↓↓↓

 

今回の仕上がり

前髪の起点と終点で 工夫しとけば

テキトーに乾かしても このくらい自然に上がります

髪をずっと結んでる時期は、前髪だけがあなたの味方

汗かいても、乱れても、このくらいなら超楽ちんだと思いますよ~♪

 

 

以上エンダヨシノブでした

みなさんの素敵なパーマライフを応援してます! それではまた \(^o^)/

 

パーマスタイルの意外な落とし穴、ご参考までに

 

縮毛矯正の髪でも!?!?

 



最後まで読んでいただきありがとうございます😊

Twitter(@enda_yoshinobu) でブログ更新のお知らせ

& 美容師の頭の中をさらしています♪

ご予約について

CTA-IMAGE 美容室HAPPPIEL (ハピエル)は、マンツーマン対応がメインです。 そろそろ「きちんと髪を育てたい」、そろそろ「美容室を固定したい」、そのような方に向いてると思います。 ※ どちらかの担当者を " 指名 " いただけると非常に助かります( 指名料ナシ )。複数のお客様を同時施術するより、目の前の方だけに集中したいので、よろしければご協力お願い致します。