【ボブ】縮毛矯正した髪にデジタルパーマでワンカールをドンッ!! 【あるいは 全部切る以外で縮毛矯正をやめる方法】

【ボブ】縮毛矯正した髪にデジタルパーマでワンカールをドンッ!! 【あるいは 全部切る以外で縮毛矯正をやめる方法】

ずっと縮毛矯正してると、真っ直ぐな髪に飽きてしまうこともありますよね

しかし、しっかりかけた縮毛矯正の上から さらにパーマって、通常の美容室で積極的にオススメされることは少ないと思います

そればかりか、「止めた方がいいよ」くらいな扱いかもしれません

その理由についてはコチラに

(記事最後にものせておきますので、あとからでも大丈夫です♪)

 

そこで今回は、禁断の? 縮毛矯正した髪の上からパーマをしたケースをご紹介します

 

先に言っておくと、毛先をワンカールさせるくらいのほうがオススメではあります~

その理由は後ほどお伝えしますね

 

 

 

ビフォー

 

約3カ月前に縮毛矯正してあるお客様です

(だいたい年1回してる感じですね)

仮のカットは済ませた状態です

 

実は…

 

今回バッサリとスタイルチェンジだったので、規定の長さに足りませんでしたが ヘアドネーション風に切ってからのスタートとなりました(少しでも役立つと良いのですが)

 

こうやって見ると、毛先には1年以上前のデジタルパーマのカールが残ってますね

でも、そのカール感があったおかげで、ピーンとした 矯正毛特有の張りがなく楽だったそうです♪

 

 

最初に毛束にしてカットしてから シャンプーして、髪の濡れた状態でカットラインを整えて、

そのあとドライヤーで乾かした段階ですね

 

では アフターの紹介の前に、冒頭でお伝えした、ワンカールパーマがなぜおすすめなのかを 先にお話ししていきたいと思います

 

 

なぜワンカールがおすすめなのか

それはヘアダメージの事が大きく関係してくるからです

縮毛矯正をしてる方ならご自身の髪のコンディションは現在どうなってます?

何とな~く 心当たりないですか??

もう一つ付け加えると、トリートメント類(流すのも、流さないのも)一切付けてない状態ではどうでしょうか?

 

そう、大抵の人の髪の毛は「ヤバい」のです

縮毛矯正なんかしていたら なおさら髪がギシギシで、とくに毛先にいくに従い、そのレベルが増しているはずです

 

考えてみてください、そんな髪に、何をどうしても痛む運命にある” パーマ ” をかけるわけです

無事で済むはずがありません…

僕だって正直、積極的にはかけたくはありません。でも、縮毛矯正してるとはいえ いろんな状況がありますからね

カール感が必要で、かつ できる条件が整っている方のみ施術しています

 

言い換えると、このダメージレベルからは ” アウト! ” っていう線引きをしています

当たり前ですが 自分の技量レベルを超えないところまでですよね

 

要するに 真っ直ぐなだけの髪型に飽きてた場合、

可能な範囲でデザインを変え、ダメージ管理の観点においても まだマシなワンカールパーマが最適だと思います

本当の「最適」は ” パーマをかけない “

なんですが、お客さまと 美容師さん お互いが歩み寄れるベターな地点としては、って事ですね

なので ” 毛先のみ ” の最小限かつ限定的なところを 攻略していくわけです

 

そもそも事故(大失敗)の多い施術ですので、気軽にオーダーするのはおすすめできません

一応お伝えしとくと、土台となる縮毛矯正のかけ方から すでに仕込みが始まってます、ある意味。

その時点で 強烈?な矯正されてたら難易度があがってて危険度高いです

 

今の時代、こうやってインターネットで検索すれば、ある程度の情報が得られるので、ぜひ通える範囲の美容師さんを探し当ててみてください!

ブログで情報発信されてて、こういう施術経験がある方なら少しは安心なのではないでしょうか

あくまで お客さまの髪の状態と、美容師さんの技量と薬剤設定が 髪に適してて 初めて形になるものですので、誰でも どこの美容室でも可能っていう技術でもないのでご注意くださいね~

 

 

アフター

 

では乾かす前の状態からいきます~

 

 

シンプルに毛先だけ曲がってますよね

つまり、ブローなどして伸ばす作業が要らないってことなので、誰がどう乾かしても同じ髪型になります

 

では ザァーーっとドライヤーで乾かしていきます!

 

だいたい僕は下から上に向かって 髪を巻き上げるように風を当てていきます

理由は、自然なボリューム感(空気感)になるからなんです♪

 

お家ならドライヤーかける時に下を向いて、頭を逆さにした状態で根元を乾かせば そんな感じになりやすいです。ワシャワシャいきましょう~

しかも! その方が 髪の根元が地肌から自然に ” はがれてくれる ” のでオススメです!

 

ボブやショートヘアで多い、右側の髪がハネる問題は、根元の向きが そのまま地肌に沿い過ぎてるからなんですよね(>_<)

なので2つの意味で、乾かす際にドライヤーは まず地肌(=髪の根元)から当てるようにしていきましょう!

 

 

そして毛先は弱風を使って、手でそーっと包み込むように乾かし、 …ません。

強風のまま ワシャワシャと

でも、デジタルパーマ特有の 乾いた状態でも カールがイキイキした感じになってきます♪

 

 

ブローなどせず、何もつけてない状態ですが、毛先だけでも曲がってると印象が大きく違いますよね?

この後 仕上げ前に少しカットの修正入れますが、もうほとんど形はできてるのでお客さまも安心して喜んでくださいました~ (*^^*)

 

 

パーマのもち

パーマをかける前のダメージ具合にもよりますが、パーマ部分を全部カットするほど切らなければ、

そのまま1年でも2年でもカールしてくれてますよ~

(この記事の前半で お客さまの切った毛束の写真を載せてます、また確認してみてくださいね)

 

ただし、ダメージがその後 増していけば いくほど、また元々痛みの大きい方は

髪は曲げってるけれど、パーマ部分の質感がボワッとモワッとしてきやすい場合もあります

 

あとは 単純にダメージ具合だけでなく、元の毛質もかなり影響するところですね

でも肌感覚的には、みなさん総じて楽そうですよ♪ 髪の扱いが大きく変わるパーマでもないので

 

 

仕上がり

 

毛先にだけ ちょっとWAXつけました

 

パーマって、何もグルグルにかけなくても良いと思うんですよね

(まぁ丁度良くかけるって難しいんですが…)

 

縮毛矯正が残ってる分、ハチ周りもコンパクトに収まるし

毛先のちょっとした曲線が、女性らしい柔らかさを演出してくれます♪

 

結果論ですが、広がってボワッとする髪の方には、

縮毛矯正がかかってるからこそパーマ部分が活きてくるんですよね

 

 

おそらく、ベースに縮毛矯正してるって思われないのではないでしょうか?

 

デジタルパーマってよく 巻いた感じになるって言われるけど(一昔前かな?)

まぁ 巻いた方がヘアカタログっぽくもなるし、わかりやすいキレイさですよね

しかし巻いたりせずとも、毛先部分に このカール感が いつでもくっついているんだから、

毎日のスタイリングの7割くらいは もう代行してる気持ちになれます (^^)

 

しかも自分で縮毛矯正かけさせてもらった髪なら、なおさら髪型を育ててる感じがします♪

 

 

まとめ

特に今回のように縮毛矯正毛の上からパーマは、失敗される確率「大」な施術なので、僕もできる状態の方にしかしません

髪型を 気軽に着替えるかのように「変えてあげたい」とは思いますが、どんな髪にでも100点を発揮できる能力はありません

しかし、80点を取りに行こうとすると 途端に丁度良くいかない…

僕にとっては、そんな施術です

 

今回なぜこのようなケースを紹介したかというと、

1 もし失敗されたら、外出したくなくなるような髪になってしまうので、その注意喚起のため

2 たとえ矯正毛でも、ワンカールパーマができる ” 可能性はあるよ♪ “っていう事実を伝えるため

3 縮毛矯正を止めたい人にとって、矯正毛を全部カットするのはあまりに「時間がかかりすぎる」ため

 

特に3番目の理由に関しては、前から僕も 気長に待って ほぼ全部切るしかないと思ってたのですが、

毛先のピンピン部分がピンピンではなく、やわ~ん と曲がってれば、あくまで途中段階の不自然さは少なくなるんじゃないかと! (強いクセをもつ人以外)

ただ、僕が担当させてもらってる縮毛矯正(ストパー)の方たちは、今のところ止めそうな気配がないので、そこは実況中継ができません

なので、あくまで矯正に疲れて止めたい方にとっての最適案かどうかは不明ではありますが、

一応 一番のデメリットは解消されるのではないかと思った次第です

 

普段の営業中 あまりカメラを構える余裕がなかったり、全体のお客様の中では一部の方しかしないメニューではあるので、また機会あれば、他のケースも追加していきますネ♪

あと、次回? ミディアムスタイルの方の同様の記事も作りますよ~

ってことでコチラ!

しばらくしたら、鎖骨下のミディアムスタイル編もできると思います!

 

以上 エンダヨシノブでした。気持ちはやわ~んとしましたか\(^o^)/

続いて【 おすすめ記事・関連記事・ご予約 】ありますので、ゆっくりご覧になってみてください♪

 

奥深き縮毛矯正の世界

縮毛矯正した髪へのパーマカテゴリの最新記事