【縮毛矯正の裏側~デメリット白書~その3】” プラスα ” って基本は無茶ぶり!? まずは「程度」を知る人探さなきゃ ダメぜったい!

【縮毛矯正の裏側~デメリット白書~その3】” プラスα ” って基本は無茶ぶり!?  まずは「程度」を知る人探さなきゃ ダメぜったい!

はい、シリーズ3つ目となりますが

前回は 髪のダメージを甘く見ない方が良いということでしたね。ビビり毛は誰も幸せになれないので、気をつけるべき点をお伝えしました。

 

さて今回は、さすがにそれより ライトな内容ですが、以下の2点について掘り下げていきます

1.  ストパーした髪に、パーマをかけるってどうなの?

2.  たくさん髪を すいて 減らしてる方が多いけど、どんなデメリットが潜んでいるのか

 

 

結論から言うと、

1は、もし かけるなら、デジタルパーマかエアーウエーブパーマにしましょう!

2は、ストパーの完成度を落とすのと、もし あとで上からパーマをしたくなった時に(長さを変えない場合は) 不利になるってことです

 

では、それらの理由について お伝えしていきたいと思います♪

 

 

スポンサーリンク

 

 

パーマの 向き不向き

説明にあたって、ちょっと手順のお話しから入りますね。

 

もし可能なら あなたがストパーをかけた時を思い出してほしいのですが、

( まだストパーかけたことない方は、以下の工程は 別に覚えなくても大丈夫ですよ~ )

 

最初 髪に 粘性のある薬剤を塗られて、時間を置いた後、薬剤を流して...

今度は髪を乾かして、それからアイロン作業に入り… その後 また何かしら塗られては 流して

よーやく フィニッシュに たどり着いたはずです。

 

一方で、通常のパーマ(デジパとエアウェーブ以外の全て)の工程といえば、

濡れてる髪にパーマロッドを巻いて、液状の薬剤を付けて、時間を置いた後、

またさっきと違うであろう 液状薬剤を付けられ、時間をおき、またジャバジャバ追加されて、

時間が来たら流して、 フィニッシュ!

( 仮に途中で、ミストや処理剤で 何か良さげな事をされたり、じわじわ温める機械で 頭を囲まれたとしても、施術中に起きてる 化学反応の動線は同じなので、ひとくくりにしました )

 

上記の工程のように、

ストパーは 1度 薬剤反応させた髪の毛を、乾かして、それから高温のアイロンで 目的の形付けをし、

髪の毛が完全なる乾燥状態で、形状を固定する薬剤をつけて 反応させます。

 

そしてパーマといえば、最初から最後まで髪が濡れてる状態が続くのが まず大きな違いです。結果、高温を使わず(使えず)に 反応させて 形状変化をさせ、そして固定します。

 

つまり、ストパーにおいて 薬剤エネルギー・熱エネルギー(150~190度くらい) を使用して真っ直ぐにした髪の毛には、

その後 薬剤エネルギーだけで パーマのカールを付けようと思っても、影響力が及びません。

 

パーマとして見たら、とても お客さまが扱いやすいとは言えない確率が高いです。

 

そういうのを見越して 上手い美容師さんが 手がけたストパーなら、あとでパーマをしやすいケースがありますが、あまり一般的ではありません。。。

 

なので、ストパー毛の上からパーマをかけるなら、

同じように 薬剤と熱エネルギーを使用する デジタルパーマや エアウェーブパーマ というのが、一応の正解だと思います。

 

ただし!!

ビビり毛になったり、変に細かく かかりすぎてしまったり、事故もたくさん(本当に沢山)あるので、

” 一応 かけるなら ” ってことです…

はっきり言って、コントロールが べらぼうに難しいですし、

僕は、せめて自分が施術したストパーの上からじゃないと 怖いです、

身も心もホラーな人生プレゼントしたくないですもん。

 

こればっかりは、担当美容師さんが どんなに良い人だろうと、

そのお店で扱ってる薬剤次第では、そもそも どうにもならないこともあります。

または 成功例が多くても、あなたの髪の履歴次第では失敗されてしまうことも考えられます。

 

状況を正確につかんで、正しく導いてくれる美容師さんを探してくださいね♪

 

 

では続いて、みんな大好き? 軽く(薄く)した髪と、ストパーとの相性編にいきますよ~

 

 

 

そうは言うけど、髪多くてヤバい!っていうなら

 

もちろん 髪を全く減らしてはいけないという意味ではなく、

注意しなくてはいけないのが、” スカスカ ” ( ” ペラペラ ” )にすいてある状態です。

言い換えると、ヘアスタイルのシルエットを崩してる 度合いが 大きい状態 ですね。

 

とくに多毛の人は、毎回減らし続けなければいけない運命にあると思うので、

カットに関しては、今回だけでなく 次回も減らせるところ(余力)を残しながら、減らし続けなければいけない

そう思っています。

(その話題は、またの機会に 記事にしたいと思います)

 

あと、髪が膨らむから、量を減らす、

これもかなりの確率で多いですよね。

 

それはカットで解決させるべきか、ストパーで解決するべきかは、バランスです

 

膨らみは 基本的には、ストパー1発でかなり解決できるけど、本当に髪の多い所は適度に減らした方が

シャンプーやドライヤーが楽だと思うので、” バランス ” とは そのお客さま次第ってことですね。

 

 

 

すく、とは

あらためて、

すけばすくほど、短い毛をたくさん作ってるってことなんですよね。

 

こんなふうに

短い毛は、あちこち散らばって見えます。

( ストパーのアイロン途中で撮ったもので、少し熱を通してあるため、これは かなりマシな方です )

 

それのひどい状態が、バサバサとツヤのない髪です

( 髪質も大きく影響するとこなので、一概にも言えませんが、今回は すき過ぎ という意味で )

 

例えば、毛先の ” 軽さ ” をカットで表現したなら、本来はスタイリングとして、

アイロンやブローなどの 熱パワーを加えて 短い毛を ” プレスして ” 隠すか、

ソフトワックスや ツヤ出しスプレー類で 短い毛を ” くっつけて ” 隠すか、

というのが向いてるんじゃないかと思います。

 

ごく限られた毛質の方のみ、そこまでせずとも 勝手にキレイに見える場合がありますが、

そこを基準に考えたらいけませんよー

まさに、隣の芝生は~

…みたいな現象なので、大部分の方の髪は 上記のようにしないと 軽さの表現は 活かしきれませんよ。

 

 

そして 先ほどの話と重なりますが、すいてパサパサしてる髪には、どんな上手いパーマも 存在できません。

…ただの パサッの、モサー になりやすいです。

パーマを検討してる方は すき方と タイミングにはご注意くださいね。

 

 

続いてお客さまの写真を使い お話ししていきますが、

今 この記事の半分地点です。お疲れではありませんか?

長い記事になってますが、ここまできたら (たとえ後ほどでも)ぜひ後半もご覧になってみてください!

 

 

お客さま実例編

 

1年4カ月ほどいらしていただいてる ロングのお客様なのですが、

元々、全体の約半分の長さから 毛先全てが ものすごい量の取り方をされてしまっていたので

ずーっと、その部分を切っては 伸ばしてを繰り返して、ようやく…

 

実際は数ヵ月置きですが、全ての切った長さを ” 一括 ” 計算すると 合計 約15cm伸びたとして、合計25cm以上は切ったはずです

 

下の方にいくにつれて 髪がないですね。これだけ時間が経ってもイマダに。。。

こちらに初めてご来店いただく前の、当初のご希望は

段が入ってなくて 毛先に厚みがあるような、シンプルで 品のあるヘアスタイルにしたっかたそうです。

???

それが なぜか スカスカ カットに。

 

誰がどうとかではなく、これはどなたにも起こりえることだと思います。

いろんな美容師さんに、いろんなお客様、いろんな価値観、

同じ言葉を使う人間同士なのに 、ときに上手くいかないことはありますよね…

 

さて、そんな時代を越え 毛先の厚みが少しづつ復活してきたので、今回ようやくストパーの出番でっす♪

 

ストパーのアイロン途中。

ビフォーの状態は もっと、なんだろ…ファサファサした髪質です

ウネウネ! ではないけど、パサっと モサッとして 湿気に敏感な髪でした

 

 

そしてこちらがストパー完成後。コツコツ髪を入れ替えて…

美髪への階段を1つ上りました♪

毛先部分が万全になるには、もう少し時間かかりますが、ここまできたら少し安心。

 

でも、

 

見た目とは裏腹に

元々のダメージの蓄積が 全体の約半分の位置からあったので、

その部分は その状態でも耐えれる 酸性領域の薬剤を使用して、なんとか乗り切りました!

通常の美容室はアルカリ領域、僕のとこは ほぼ低アルカリのを使用)

 

どんな髪にも使えるわけでもないので、ここぞというときの お守りにしてるんです。

しかし アイロンの工程は 一段と難しいし、そのぶん 時間もけっこうかかるので、本当に必要な場合以外には出動させたくありません。

 

これまた 事故(失敗されるケース)の多い薬剤のタイプなので、みなさんもご用心!?

ぜひ上手い人探してください~ m(_ _)m

 

 

この毛先、、、

 

いつか 目的の感じになれるよう ナビゲートしていきますぞ~♪

 

 

まとめ

ここまで御覧になって頂いた方 お疲れ様です

長くなりましたので まとめていきますよ~

再掲となりますが、

 

Q1.  ストパーした髪に、パーマをかけるってどうなの?

Q2.  たくさん髪を すいて 減らしてる人が多いけど、どんなデメリットがある?

 

結論を言うと、

A1、もし かけるなら、デジタルパーマかエアーウエーブパーマにしましょう!

A2、ストパーの完成度を落とすのと、もし あとで上からパーマをしたくなった時に(長さを変えない場合は) 不利になる

 

A1について、薬剤と熱の2つエネルギーを用いて形状変化させた髪の毛には、

同様に 2つのエネルギーを使用するパーマでなければ、扱いやすいカールが表現できないものです。

注意としては、パーマのかかりのコントロールが至難の業なので、

ヘアカタを見すぎたり、画像検索をして あまり妄想を膨らませすぎない方がよいかも!?

 

変な話、そもそも失敗のリスクが高いので、

あなたのかもしれないし、美容師さんのかもしれないが、” 運 ” と ” タイミング ” の要素が大きいと考えてます、僕は。 ごめんなさい

 

 

続いてA2

すいて すきまくってる髪には、短い毛が沢山含まれているので、

ストパーの時にアイロンの熱を正しく伝えづらく どうしても完成度が落ちてしまいやすいです。

頑張っても、短い毛が ニョロ~ンとしてしまうことも…

 

でも大部分が真っ直ぐになってはいるので、それが許容範囲なら 別段問題ではないですが、

美観でいうと、すいてる度合いが大きいと、損なうものも多い傾向です。

 

ご自身の扱いやすさと、客観的な美髪のバランスを考えた上で、美容師さんと相談していくのが良いのではないでしょうか?

 

ストパーの施術では、高温のアイロンを 状態に合わせて ” しっかり ” 当てていくので、すいて 密度の減った髪は、高温の熱の影響をモロに受けやすいです。

…美容師の目でもってしても 見ることのできない髪の中身は いかほどか...

 

と、そこまで考え至ってませんが、確実にダメージを増やすので

とにかくデリケートに、ハレモノに触れるかのように 慎重に。

可能な範囲で 不必要なヘアダメージは させたくないものです。

 

そしてもう1つの問題が、パーマを当てるときに

毛束の密度が無いことにより、カール感が全く活きてこないという事です。

毛先にかけての程良い厚みがあってこそ ” 動き ” や ” ニュアンス ” が表現されやすいです。

( すいてなくても 髪が浮遊して動くからこそ、より軽く見えます )

根元や中間部分に比べて 弱すぎる毛先だと、役不足におちいりやすいので、パーマを検討されてる方は

すき方と タイミングを十分に相談して計画していきましょう~

 

 

シリーズとして、つらつらと書かせていただきましたが、あなたが必要な情報はつかめましたか?

ストパーの良さや 怖さも踏まえ、現在進行形で良いものを取り入れて、あなたのお悩みを解決できる方法を探しています

直接 力になれることもあるかもしれないし、このような情報発信で 間接的にお手伝いできる事もあるかもしれません

良きヘアライフをおくれること願っています \(^o^)/

 

以上エンダヨシノブでした♪

ではまた~

 

スポンサードリンク

縮毛矯正を考えてる方へカテゴリの最新記事