髪がベタつく5大原因!どんな対策があるの? 現役美容師おすすめシャンプー 1選

   
エンダヨシノブ
すくすく20年選手の美容師
7/5から当ブログのメンテナンスおよび記事の書き直しをしております。
見づらい箇所が出ておりますが、記事の品質には変わりありません。せっかくなのでナマの情報をお持ち帰りいただけると嬉しいです。

【~便利~】かんたん記事検索

そろそろ何かはじめないと、、、っていう方がピンポイントな情報を探すための掲示板です

《情報収集》という点では、動画よりも時間効率が良いと思うのでオススメです!

コチラからどうぞ

 

【~注意~】初めてのご予約前に

記事をご覧になって、ちょっと予約してみようかなっていう方、ありがとうございます

お手数ですが 『コチラ 』を読んでくださるようお願いします

 

※ ただ今、ご新規の方の予約はお受けしていませんので、下記で状況のお知らせをしております

⇒ 【お知らせ記事】

申し訳ありませんが、お急ぎの方は他の美容室の利用をご検討くださると助かります

 

それでは 本編をお楽しみください~♪

 

さて・・・

なんか髪がベタッとしてる方が多いです

  • ボリュームがでない
  • 乾きずらい
  • 軽やかな動きがでない

もし心当たりあれば、洗い方のポイントをぜひ参考にしてみてください♪

毎日お客さまのシャンプーをしてますが、ビックリするくらい泡立たない方もいます

それくらいで 不衛生だなんて思いませんが、皆さん・・・

泡立ち良いシャンプーを使ってるわりに、頭皮と髪の「 油膜 」をしっかり落とせておらず

蓄積しまくってます(汗)

シャンプーについて、いくつか他のサイトに書いてある情報を確認しましたが、ありきたりな内容?ばかりで、これは具体的な補足が必要だと感じました

この記事を読んで もうベタベタ髪は卒業しましょう!

目次

 それ、しっとり?

オイルやバームタイプの整髪料で、濡れ髪(ウエット)な質感にするのも流行ってますが、ちょっとそれは横に置いときます

ひとまず言えるのは

” ベタッ ” とした見た目 = ナチュラルには見えない

お洒落だね♪って演出できていれば問題ないですが

「しっとり 」のつもりが 「ベタベタ」になっていませんか?

世の中 ギリギリな感じの髪をよく見かけます

その境界線はどこなんだろう?

簡単な見分け方
  • 頭皮側(根元)の髪が脂っぽく、地肌が透けて見えそう
  • 整髪料を付けてないのに、髪が ” 毛の束 ” のようになっている

「しっとり」を通り越してなお蓄積が続けば、このような感じになっていきます

意外かもしれませんが、「ちょうど良い状態が続いてる」って、けっこう難しいのかもしれません!?

原因って何だろう?

 頭皮からの分泌物が増えてる

  • 添加物、塩分、油分の多い食事が続いてる
  • 睡眠不足
  • お酒 タバコ
  • 体質
  • 洗う回数が多すぎる(皮脂が無くなりすぎて、余計に分泌する)

これらは体の内側からの影響ですね

頭皮に赤い発疹ができてる人もいるので、心当たりあれば誰かにチェックしてもらいましょう

 使ってるシャンプー剤によりベタつく

市販の「ダメージ補修系、クセ毛おさえます系、リンスイン系」の中には、ベタベタになるものも存在します

現にお客さまが、、、あぁ~

(特にトラブルを感じてなければ 、問題ないと思いますが…)

 「シャンプー前」に頭皮のすすぎが足りてない

シャンプーの洗い落とす力が発揮できないパターンです

根元に泡立たないということは 蓄積しきった皮脂が洗い落とせません

 トリートメントを頭頂部から塗ってる & 流し足りない

” あほ毛 ” や ” 広がり ” が気になってる方に多く見受けられます

スタイリング方法を変えるか、縮毛矯正のほうが有効かもしれません

また… ↓↓↓

5 「流さない」トリートメントも頭頂部から付けている

シャンプーで落としきれてない油やシリコンが、重なり続けて「層になっている…

台所の換気扇に「酸化した油」がこびり付いて、簡単に落ちないのと似ています

当てはまることが多いほどに ベタベタっとなり

髪がぜんぜん乾きません… (-_-;)

もし頭頂部のアホ毛が気になって、トリートメントを塗りたくっていたのなら

手早く!汚れず!持ちがよい! 現場で人気のコチラがおすすめ♪

毎日お客さまに使ってます (^^♪

シャンプーの時にやるべきこと

美容室では、リラクゼーション効果のために

これぞシャンプー!といわんばかりに、シャカシャカ こすりますが

家での場合は、根元からしっかり泡立っていれば、すぐ流してもOKです

※お好みで

すすぎ方のイメージ

頭皮のすすぎが甘いと、「根元」にはまったく泡が立ちません!

例えば、、、ハンドクリームを手に塗ってる時は、水でかるく流しても水分を弾いてしまいますよね?

↓↓↓

頭皮も同じで、油膜が沢山ある状態では せっかくのシャンプーも跳ね返されてしまいます

全体をじっくりお湯で潤わせ、余分な油膜を流して薄めましょう

泡立て前の作法です♪

シャンプーの付け方
STEP
シャンプーを出し、両の手のひらで半分こにする

小さな手の平の上で、頑張って泡立てようとすると、こぼれやすいので…

STEP
髪をかき分けて、頭皮に直接つける!
 その際のポイント 

① おでこの上 ・頭頂部 ・後頭部の中央

② さらに両耳の上

ざっくり同量になるよう 計5か所にポンポンポン~とのせましょう♪

STEP
指先の腹のみを使って、頭皮をなでていく…

ここでもし泡立ちが悪ければ、ザっと全体を流して、もう一度同じようにシャンプーをつけていきましょう

※流さずに重ね付けを繰り返すのはモッタイナイです

STEP
諦めず『繰り返していくと』ようやく全体がモクモク泡立つ

根元にしっかり泡立つ頃には、毛先も泡だらけになるなずです

↓↓↓

入浴の際にぜひ試してください~

鏡」を使って じっさいに根元の泡立ちをチェックしてみよう!

毛先は泡立ってるけど、頭皮には届いてないパターンになってませんか?

~注意点~

「優しい」洗浄力のシャンプー(アミノ酸系・オーガニック系など)

→ 気を付けてください!正しく洗えてないと、より蓄積してしまうことも!

良い商品なのでしょうが、優しさに裏切られないよう使いこなしてください

また

トリートメント類は、髪の毛の中間~毛先につけるものであって

『頭頂部』には 全く ” 付けなくてよいモノです

習慣でやっていませんか?

不安な方は美容室で確認してみてください♪

しっかり洗うコツ

1週間のうち1回くらい、2~3度洗いする日を作りましょう

→  後頭部の内側など、洗いが不足しがちなので ぬかりなく!

もう一度言いますが、「頭皮から」モクモク泡立つようになるまで 何度でも繰り返すことです

泡立ち悪い場合、さらなるシャンプーの追加はNGです(モッタイナイ)

ササッと流してから、少量を付け直しましょう

付け加えると、その日のトリートメント類は最小限の量にしましょう~

これでサラッと乾きやすい髪の出来上がり♪

今まで「足し続けて」重くなった髪を、サラッとした状態に戻すには

絶対に『 引いてく 』作業が必要です

頭皮や髪の ” デトックス ” をするイメージで取り組んでみましょう~ !(^^)!

他のサイトに書いてあるように、同じ日に何度も洗うのをオススメしたいわけじゃないんです

でも、ベタベタと「適正な状態」じゃなければ話は別です!!

それでもなお改善しなければ、最後はもうシャンプー剤選びの問題です

環境や体質変化、年齢により、ずっと同じものがベストとも限りません

腕を磨けば大丈夫かと思っていたが…

世の中 ドラッグストアのシャンプーを使ってる人が大半だし

心のどこかで「ま、いっか」と思っていたフシがあります

が、

が、

あまりに べっとりした髪のお客さまがいらして、なんだか悲しくなりました

まさに美容師として不徳の致すところでした

髪が不自然に重くなっていれば、ボリューム感なんてでるわけありません!

僕はシリコンがどうとか、アミノ酸系・オーガニック系とか気にしませんが

シンプルに髪が重くならないタイプが良いと思っています

それでなくても

トリートメント(コンディショナー)とか、洗い流さないのとか 沢山付けてますよね?

逆に髪が重くなっちゃいます

パーマされてる方の中には、それが原因で カールがとれたと勘違いしてたり…

(びっちりの油分・シリコンをはがせば、いくらかカール感は復活します)

全ての商品がそうじゃないにしても、最終的にベタッとしてたら

まさに 本末転倒ですよ(汗)

最後に

アイドルの女の子のように、ボリュームを押さえたければ、ちょっとベタッとしてるくらいが丁度良いですが

サラッとフワッとしたければ

  • 生活習慣の見直し
  • 洗い方
  • シャンプー選び

これらに気をつけましょう~

最後に 僕のオススメを紹介して終わります

自前の髪のポテンシャルを引きだす「素髪(すがみ)」特化型商品です

チャラい成分が入ってない唯一の商品、だから本物の『元祖』です

髪に残るほどの香りはありませんし

これを使って モクモク泡立つようになれば、軽やかさと清潔感がでます

ヘアダメージが無くなるとか、毛質が真っ直ぐになるとか、そういう奇跡は起きませんけど

カットが 余程マズくなければ、良い感じになると思います

万人に合うシャンプーなんてものは存在しませんが、こちらは

『 髪の毛 』だけで言えば、わりと相性の良い人も多いと思います

『地肌』に合う合わないは、またべつのお話しですからね

※「強めのシットリ感で髪を落ち着かせたい人」には向いてないと思います

しかもコンセプトを理解して、正しく使わないと、良さが分からない!?

まさに クセモノ的なシャンプー剤

一般的に良しとされてるシャンプーと真逆の ” 引き算 ” 発想の商品なので

コンセプトと使い方を理解されてからのほうがオススメです

クチコミ見るのも面白いですよ

使い方を間違ってそうな方もいましたね…

(ベタベタ髪の場合、使い始めはシャンプーの使用量が多くなります)

肌が敏感な人向け(問題ない人には通常タイプがおすすめ)

商標登録の関係で、現在はブランド名が「キアラーレDO-S」に変更しています

大手サイトの沢山のショップが、正規品じゃないモノを「普通に」販売してる現状です

同じ価格で購入するなら粗悪品をつかまないよう、正規販売店からの購入をおすすめします

補足

このような髪質の方は良さがわかりずらいかもしれません~

髪質が気になる方は、ヘアアイロンによる熱を使ったスタイリングか、熱変性を使った縮毛矯正が効果的です

自分で腕をふるうか、美容師に腕をふるってもらうかです

良いシャンプー?良いドライヤー?たぶん幻です

辛口かもしれませんが、商品でなんでも解決するわけではありません!

デメリットを踏まえて、現実的な作戦を立てましょう~

上記の髪の方はコチラの記事で2人目として登場されています♪

縮毛矯正する前に必ずデメリットも確認しましょう!

以上 エンダヨシノブでした \(^o^)/

ではでは~

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次