出始めた白髪 あなたはどうする? 美容師的おすすめ対処法

出始めた白髪 あなたはどうする? 美容師的おすすめ対処法

いまや人生100年の時代、髪の毛は立派な財産だと思います

 

だから、たとえそれが イヤ~な 白髪だとしても

 

守りたい…

 

ひとまず、

 

見えるところに出始めた シラガちゃん、、、

 

そろそろ 抜くのはやめましょ~

 

美容室でちゃんと相談してみませんか?

髪型やスタイリングを変えて目立ちづらくするか、染めるのか?

 

明るくするためのカラーも、明るくしないためのカラーもあります

例えば 今の地毛の感じをそのまま残したい人は、香草カラーや ヘナやマニキュアを使って

脱色させずに色味のみ かぶせることもできます

 

もし そこまででないにしても、抜くよりかは

せめて 切りましょうね♪ってお話しです。

 

 

 

やば!なんか増えてきたかも!?

 

えぇ、美容師さんにも言われたけど…

抜かない方が良いって分かっちゃいるけど…

 

鏡に写る私のこの シラガちゃん なんとかしたいーーっ!

えいっ、プチッ

プチッ

 

 

あ! こんなとこにも (泣)

プチッ

ふぅー、パトロール終了♪

なんて

 

 

アウトーーーっ !!

白髪だからって抜くもんじゃありませんよ~

 

まあ、抜いたからって

白髪が余計に増えるなんてことはないですが。

 

 

髪って こんなにたくさんあるのに??

そもそも人の頭には、約10万本もの髪の毛が生えています。

しかし土台となる 毛穴 は同じ10万個あるかといえば、ないんです。

 

通常  1つの毛穴から2~3本 の髪の毛が生えてきます(諸説ありますが)

 

1つの毛穴から2~3本 ”も” 生えてます!!

ここ大事です。

 

なぜ毛穴の話かというと

今まで気軽に 抜いていた シラガちゃん。

しかし、引っぱられる その強い力の影響で、その毛穴が壊れて機能しなくなってしまうことがあります。可能性としては。

 

そうなってしまったら、その毛穴から生えてきてた他の毛も生存できません。

ということは ですよ、、、

 

たかだか1本抜いたつもりが、他の毛はおろか 将来 生えてくるはずだった 髪をも奪ってしまったことになります

たとえそれがシラガちゃんだったとしても。

 

髪の毛さえあれば、ヘアスタイルの見せ方を工夫できるかもしれませんが、

毛が少なければ 現代の美容室の技術では限界があります。

 

将来 医療分野とのコラボとかで、気軽に 自分の毛根を移植できるようになれば別ですが。

 

今後  生活習慣や出産、加齢などによりホルモンバランスに変化が出てきて

全体の髪が やせ細ったり、うねってきたりします。

そんなとき、顔周りや  頭頂部は よけいにボリュームが少なく感じやすいので、

髪の毛 1本1本が とっても貴重になってきますよ~

となれば 本当に財産と言えるのでは?

 

 

じゃあ このシラガちゃんどうするのさ?

王道ですが、やはり美容室で染めてもらうのがベターだと思います。

 

1度はやったことある人も多いかもしれませんが、

市販のカラー剤でキレイに染めるのは難しいですよね!?

ヘアダメージも蓄積しやすいですし、

カラー剤を塗る技術と、染め上がりのクオリティには 美容師さんの経験値が大事だと思います

 

 

でも、

 

 

たった数本しかなければ??

 

どうしましょ?

 

冒頭にお伝えしたように、抜くのはおすすめしません。

 

どうしても抜くのなら  耳周りか、後頭部の下半分(真ん中の高さ~えり足)とかですかね

多分 抜くの大変でしょうけど、年齢重ねても、まあまあ残るとこなので

 

頭頂部付近は、ゆくゆく さみしくなってきますから 要注意ですよ~

 

ってことで、シンプルに

 

 

根元から切りましょう!!

 

 

似ているようで違います!

抜くよりか 毛根に負担は少ないし、どうせ伸びてくる早さも変わらないです

 

たとえば1〜2本くらい 髪を留めるクリップを使えば、

片手でいろんなところを押さえなくて済むので 少しは楽だと思います!

あと、ハサミは 眉カット用の小さいものを使うと簡単ですよ~

 

ただし、セルフカットは 他の黒い毛も一緒に切ってしまう確率も高いので

時間に余裕あるときに のんびり取り組む方がおすすめです

たまに それが原因と思われる方で、

オバケのQちゃんみたいに頭頂部にバッチリ 毛が立っちゃってる方がいるので…

とにかく焦らずです!!

 

 

最終兵器は…

普段 カラーさせてもらってる方で、

美容室に来れるまでの間に 伸びてきた白髪をどうしても何とかしなくてはいけない場合

シャンプーすれば落ちちゃう (毛髪着色料の)こんな商品を使っていただいてます  ↓↓↓

 

いろいろ 落とせる系 の商品ありますが、

” スロウ  カラーコンシーラー ”

使い勝手と 見た目のカッコ良さでオススメです♪

これなら メイクポーチに入れといても違和感ないし、もし見られても安心ですよね

 

ライドブラウン(明)とブラウン(暗)の2色あります

白い毛ではないので伝わりずらいかもしれないですが、お店にあったウィッグに塗ってみました

 

部分的にカラーされているもので、元の状態がこちら ↓↓↓

現状 根元まで金髪なのに注目しておいてくださいね

 

そして その状態から 向かって右に ライトブラウン、

左に ブラウン 塗ってみました ↓↓↓

 

 

向かって右側 ライトブラウン ↓↓↓

 

 

向かって左側 ブラウン ↓↓↓

今回けっこう濃いめに塗り込んみましたが、実際はもっと軽く付ける感じでも十分です

本当にメイクのコンシーラーみたいな感覚です

 

ちなみに、洋服を脱ぐときに絶対に付いてほしくない場合は ティッシュ等で髪を拭いとくと安心。

このくらい落ちます ↓↓↓

あとは、普通にシャンプーすればOK!!

 

白髪の量に合わせて 塗り具合を加減すれば、

生えぎわとか簡単にカバーしやすいですよ~

美容室に行く合間の期間にオススメです!

 

 

まとめ

白髪の出始めで、本数の少ない場合は

根元から、ハサミで切りましょう~

 

頭頂部 の見えるところに2~3本くらいなら、

やはり根元から切りましょうか

または、お顔のメイクの延長と考えて シャンプーで落ちてくれる毛髪着色料を使って しのぎましょう♪

 

しかし、散々オススメしといて何ですが...

切っても 、 抜いても

時間経つと、結局 ピンピンと短い毛となって、また 目立ってきてしまいます

何度も 同じところを処理し続けるの大変ですから、

少ない本数しかない場合のみに ” 切る ” という選択で良いと思いますよ~

 

 

もし全体的に増えてきたら、

やはり染めるのがベターかと。 (白髪の存在が気になる人は)

 

明るめも、暗めも、脱色しないのもあるので

その場だけではなく、今後どんな髪色で過ごしたいのかを相談してから

染め方を選びましょう

 

美容室でのカラーの合間に、少しでも伸びた白髪が気になるなら、

(根元のみに)記事中でご紹介したようなタイプの 毛髪着色料を塗ってカバーしてください

そこだけなら そんなに時間もかからないと思います♪

 

白髪ってデリケートな問題だし、悩んでる方が多いので、この記事が何か参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

以上 エンダヨシノブでした

それではまたー \(^o^)/

 

お客さまに質問されることカテゴリの最新記事