【縮毛矯正の裏側 ~デメリット白書~ その2】地獄のフタ開けたら ダメぜったい!

【縮毛矯正の裏側 ~デメリット白書~ その2】地獄のフタ開けたら ダメぜったい!

では前回の記事の続きですよ~

 

一応 おさらいとしては、1度 縮毛矯正(ストレートパーマ)をすると、一定期間過ぎたら また かけ直さないと髪型が不自然になりやすい ということでした。

髪型を変えるということが、比較的難しくなってしまいます。[ 抜け道はありますが ]

 

まずここまでは大丈夫でしょうか?

 

では続編 はじまりはじまり~

 

 

 

ストパーするにしても髪のコンディションは大丈夫? 付いてきてくれる?

かけることにより そりゃ もちろんヘアダメージは増えます・・・美容室のメニュー名に どんだけ素敵なキャッチフレーズが踊ってても。

とりあえず その認識で進めていきますね。

 

ただですね

 

お客さまが体感 (自覚) してるヘアダメージと、美容師側(僕)が感じる 実際のそれは、ちょっとズレてる事が多いんですよね

 

よく最初のカウンセリングの時に 「痛んでるところ切ってください」っていうオーダーあるんですけど、

あれって、素直に受け取っちゃうと けっこう切ることになるんですよね。

ほとんどの場合は そのお客さまの ” 許容範囲の中で ” っていう制限付きですよね!?

 

つまり、僕が思うダメージレベルを 10段階で考えたときに、本当は ” 6 ”  くらいまでいっちゃってるけど、

お客さまが感覚で言う 痛んでるところって、僕 判断の ” 3 ” くらいかな?

いやいや、 ” 4.5 ” くらいまで切って欲しいのかな?って考えるんですね。

 

プロである美容師と、お客さまでは 価値観の物差しが違うため、よくよく確認すると 実はちょっと戸惑うことがあります [ ま、だからって どうってことは ないんですが ]

 

で、それがなんの話なのかというと

お客さまは 大丈夫だって思ってる髪のコンディションは、実は 気軽にストパーすると危ないケースがあります。

 

 

 

負のホップステップジャンプ! ビビり毛の作られ方

例えば、カラーは毎回毛先まで染めていて、季節によっては暗くしたり、明るくしてみたり、色味のチェンジを楽しんでるお客さま、よくいますよね?

又は ホームカラーしていて、特にお顔周りに 深いダメージムラが(目に見えないけど)ある場合・・・

 

[ホップ]

カウンセリングで 今までの 施術における髪の履歴を確認したりしますが、髪のダメージレベルは あくまで手触り(感覚頼り)でしか判断できません。〔 例えば, 計測できてハッキリ数値として 共有できたらいいんですがね… 〕

ということは、同じ素材(髪)を前にしても 美容師Aさん、Bさん、Cさん といたら、きっと皆 違う判断になってしまいます

それが悲劇のビビり毛を生む 短い旅の 始まりの一歩です

 

[ステップ]

通常の美容室で取り扱ってる縮毛矯正の薬剤の性質上 どうしようもない部分なのですが、髪に過剰反応しやすい点があります。もうね、しょうがないんです。

薬剤を弱めるとか、放置時間を短くするとかの対処で大丈夫な場合も多いですが、例えば みんな好きな コスメ系ストレートでも、ちょっと置き過ぎたとかでダメな時もあるし、薬剤の作用不足だと クセを伸ばすという目的を果たせないこともあります。

僕らが扱ってる ” 低アルカリ高還元 ” の薬剤は、そういうところをクリアしやすく設計されてるので、非常に重宝しています。そしてそれは、ほとんど規模の小さな美容室でしか扱ってないと思いますが、全国にはそこそこ? あるはずですよ~。少しでもお近くにあると嬉しいのですが

 

[ジャンプ!]

最初に塗った薬剤を流した後、過剰に作用した髪の毛は、” 180度 ” という まるで天ぷらでも揚げるかのような高温アイロンで 短い旅を終えます。

仕上げのドライヤーの最中に お客さまはもちろん 美容師さんも「あれれ??」という空気に・・・

そう ビビり毛の完成ですね。

 

悪気はないんです。誰も。

 

小学校時代、用務員のオジサンが校庭掃除に使ってた ” 竹ほうき ” みたいに

硬く バリバリとした髪になってしまったら最後、普通の美容師さんにできることはあまり多くありません。(当然 僕にもです。なるべく切るしか・・・)

 

 

 

さて途中ですが、

文章ばかりになってしまい、すみません

疲れてないですか?

ゆっくり後半もお楽しみください~

 

goodBye ビビり毛! への道

さて、ではそうならない為に いったい何ができるのでしょう?

 

今の時代 カラーしてる人も多いし、なんなら毎日コテで巻いてたり、髪なんてダメージあって当然です。

なので美容室で良いトリートメントして栄養分に満ちた 指通りのいい髪なんて最高ですよね!もう最高! さいこウゥ・・・??

 

そう、いいんですよ その場だけなら。

 

本当はトリートメントによる キツいコーティングは 髪に弊害があるらしいのですが、ここではそれは置いときます。

いくら美容室で トリートメントメニューをしても髪のダメージは根本的に( 皮膚にできた傷口のように )は治らないし、

そもそもテレビのシャンプーのCMのようなイメージを持ってると、勘違いしてしまいますよね

 

” ~補修効果 ” とか ” ○○成分配合 ” とか、キラキラしたキーワードが やたら強調されてますが

髪に良いとされる成分張り付けて、上からコーティングしても、中身はいっこうに回復してないそうです。残念ながら。

でもそういう ” 本質的 ” なところを求めてるわけじゃなく、コーティング作用が効いてる間だけでも ” 美髪 ” が叶うなら、その方が良いっていう人も否定できません。その場での扱いやすさはインパクトありますからね。

 

でも実際はダメージあるのに、そのレベルが分からないと ストパー施術においては致命的なので

施術前に しっかりアバかなくてはなりません。

 

~ 例えば、ご自宅で簡単に確認する方法として ~

 

美容室や ホームケア?で、しっかりコーティング系トリートメントをしてない(or 効果の切れた)状態で

自宅でシャンプーしてすすいだあと、トリートメント類(流さないトリも含めて)を一切つけずにドライヤーをかけた あなたの髪(とくに毛先)はどんな感じですか?

髪が長い人ほど、毛先に向かうにつれ バサバサのギシギシだったりすると思うのですが、それがあなたの髪の現状です。

そこは使用してるシャンプーにもよるので、かなり乱暴な判断の仕方ですけどね。

 

大雑把でよければ、親指・人差し指・中指の三本の指で 2cm四方の毛の根元(頭皮)側を持って、ゆっくりと毛先側に向かって 指だけ移動させてみてください。どこらへんから ザラザラした感触になってますか?

てっぺん、こめかみ、えりあし、その他、数か所で試してみてくださいね。

 

もしも リアルに髪のダメージを実感できたら、あらためて日頃の髪の扱いを確認してみてください♪

 

営業では 僕は 特殊な部類の(DO-S)シャンプーを使って、隠されたダメージレベルを確認してから薬剤と 塗り分けの設定を考えます。

[ あらかじめ 毎月の薬剤の献立表みたいなものがあれば 事前に準備できてかなり楽なんですがね~、一応 作り置きはせず、その場で使い切りの量だけ調合してます。ストパー専門店ではないので ]

 

ザラザラ毛のところに

普通レベルの強さの薬剤を塗ってしまうと、元の髪質にもよるけど 塗り終わってすぐにヤバくなる事もあります。これは本当 ケースバイケースですが。

 

元のコンディションを適切に判断できてなかった、とか

スタッフやお客様が多い美容室で、忙しい時間帯にちょっと長く放置されてしまった、とか

あとあとふり返れば、些細なところを怠ってしまったがゆえに悲劇の結果に、なんてことに

誰も悪意を持ってるわけではなく、お客さまも、美容師さん側も、過信してしまった末路は悲惨です

 

そういう意味も含めて、ストライクゾーンが広めに設計されてる ” 低アルカリ高還元 “ の薬剤を使用してる美容師さんの方が少しは安心度が高いと思います。

一概には言えないことだけど、最低限の節度をもった人たちが扱ってるのではないかと思います。

こんな(ネット上の)辺境のブログをご覧になってるあなたなら、

SNSやブログを通じて(たまにでも)通える範囲の美容師さんをキャッチできると信じてます。

 

僕は薬剤やケミカル知識にあまりマニアックな方ではないですが

低アルカリ高還元の薬剤以外でも、いろいろ(というほどないかもだけど)

それと似た 過剰反応させすぎない系の薬剤を扱う、知識と経験豊富な美容師さんは各地にいるので、” 安心 ” を買うという意味でオススメします♪

[ メニュー名とかで探すなら 酸性矯正が有名? 流行り!?  でも上手い人に ちゃんとやってもらわないと、やはり微妙ですよ、必要に応じて使うならともかく ]

 

なんか薬剤のお話しばかりに偏ってしまいましたが、失敗するケースとしては 最初の見極めと薬剤設定のマズいのが原因ナンバー1だと思います。[ まぁ  薬剤・アイロン・その両方 の三択しかありませんが ]

その後のアイロンワークだけで カバーできる美容師さんはごく少なめかと。

 

以上を踏まえると 事前にお客さまにできることは2つしかありません。

・美容室では髪のダメージを意識した上で、髪型や カラーの明るさを楽しむ(負荷は計画的に)

・良い美容師さんに出会っとく

 

 

 

まとめ

ストパーはダメージ増えます、今よりも。

多くの方は年に数回しか(数回も?)美容室の利用はないと思うので、ダメージ管理してくれる美容師さん選びは大事だと思います!

 

ストパーするにあたって

例え美容室でトリートメントしてるから大丈夫って、ダメです。通用しません。

全頭カラー(or ホームカラー)で蓄積した薬剤ダメージ、 日々のヘアアイロンによる蓄積した熱ダメージ、これらはスルーできない、危険要素です。

何とかなるでしょ!?って、失敗されてからだと、虚しい響きにしかなりません。

 

今回はわりと不安を煽る記事となり、無粋な部分も否めないですが実際 なってしまったらTHE END なので、日頃から気をつけれるところは頑張ってみてください。

僕は 低アルカリ高還元の薬剤の方がはるかに成功体験が多いので(多分 いま担当してるお客さま的にも)、どうしても それ推しになってしまいますが、

一般の薬剤を使ってても上手い美容師さんは必ずいます。問題はその人に施術してもらえるかなんです。

 

あなたができることは、日頃寝る前までにはドライヤーで髪を完全に乾かしたり、雑なブラッシングや タオルでこすり合わせるような事をやめて 与える摩擦を減らすこと、

などなど 他にも沢山ありますが、要するに そうやって自分の髪のダメージ進行を 可能な限り遅くすることです。今すでにあるダメージを無かったことにはできませんから。

 

あとは美容室の薬剤を使用する施術で 主にダメージが増えてるはずなので、コントロールしてくれる 運命の美容師さんを引き当てることです。

さすれば、美髪ストパーが あなたの頭上に輝くことでしょう♪

 

以上エンダヨシノブでした。

その2編も長くなっていまいましたが、最後まで読んで頂きありがとうございます!

お役に立ちましたか? ではまた続編でお会いしましょう~\(^o^)/

スポンサードリンク

縮毛矯正を考えてる方へカテゴリの最新記事