私 パーマかかりずらい、しかもロングヘア。。。なら最終兵器は【Wガラス化 (応力緩和) エアウェーブ】リアルな感じが知りたい方向け (^^)

私 パーマかかりずらい、しかもロングヘア。。。なら最終兵器は【Wガラス化 (応力緩和) エアウェーブ】リアルな感じが知りたい方向け (^^)

最近 パーマかけてますか?

 

もしロングの方なら、パーマしても だるーん とするか、

カールが細かくなってしまってることも...

 

かかりずらいと、なおさら やる気失せますよね?

 

いまは、パーマなんてしないよって人が 世の中の大多数

なぜかって?

1度試したけど、微妙だったから。もしくは微妙なんてもんじゃなく

大変だった...髪も心も痛んだ...

 

今なら言えますが、僕だって、かなり長く引きずるような失敗したこともあります。

 

 

そんな男ですが、学びを忘れずやってきました。

過去のお客さまに報いるためにも。

 

何となくパーマに興味はあるけど、5年、10年、かけてない人も多いです。

でも、今なら胸張って言えます

やってみましょう! なかなか良いもんですよ♪

 

スポンサーリンク

 

エアウェーブなんて知らないよって方へ、ざっくり

 

そもそも ” エア ” というくらいなので、機械で風を起こして作用させます

10年前の当時も使っていたのですが、

空気の力でかける第3のパーマ! ふんわり弾むようなカール感に! みたいな うたい文句だったかと思います。

 

クリープ作用とガラス化作用を掛け合わせて、ダメージが少なく、持ちが良い、ってウリ。

 

でも もろもろの要因により、そこまで美容業界に流行りませんでした。

デジタルパーマの方が普及しましたね。

 

 

で、1~2年前に より効果的な かけ方が登場して 今に至ります

今でもエアウェーブの取扱いサロンは少なく、認知度が低いのが残念なとこ

 

 

before

 

 

ここ5年ほどパーマしてないそうです。ご本人もおっしゃってましたが、かなりかかりずらいそうです。

以前 アイロン巻いても、すぐダレちゃいました。

 

久々に髪伸ばせたので、パーマしたいと。 でもかけると髪が上がって短く見えるのを懸念して、もっともっと伸ばしてから… ということでした。

 

実は 半年前の初来店時はもう少し長かったのですが、毛先にソギ(軽さ)が入りすぎていたので

短くなり過ぎない範囲で切りました。

まだその部分が残ってるので、パーマのタイミングを(僕が)迷ってましたが、

もうここから先は、伸ばしても髪型は変わらないので

飽きちゃう前にパーマをおすすめさせてもらいました!

 

 

ご来店時なので 髪をしばっていた跡が残ってますね。

そこはゴムの摩擦により 切れ毛発生ポイントになるので、

毎回外すとき 注意してくださいね!

 

毛先はまだ ファサファサしてます

目に見えはしないけど からまりやすい状態

そして かかりずらい髪質

どれもパーマするにあたり手ごわい条件です。

 

ロングで毛先にダメージない人はいませんが、難しさの質はいろいろです。

 

 

パーマ巻く前

お話しする中で、普段 髪をしばってる時間が長いので、毛先部分に程よくカールが欲しいと。

あとは、お任せということで、

朝 お出かけ前に 手間が少なく済むような かかりをイメージしました。

ゆるゆるでもなく ガチガチでもないカール感ですね

 

問題は、初めてかけさせていただく場合 どの程度かかりずらいのか分からない点です

 

パーマ工程

 

巻き巻き

個人的に、根元までロッドを巻き込むより、かけない部分を きちんと作った方が

好きな仕上がりになります。カールがゴロっとした感じにならないような。

 

まだパーマ液つけてません。

 

お待たせしました。エアウェーブのマシンに がっぷりと。

50~55℃の温風空間でやすらかに。

(一般的なアイロン温度180℃と比べたら 安心♪ )

 

風を切り裂いて トンネルの中を走ってるような音がしますよ。

もちろん揺れませんし、眠りに落ちる方もいます。

 

まだパーマ液つけてません。

 

中身。クダだらけ。

空間内で温風に包まれながらも、クダがロッドの内側から水分を吸引して

容赦なく、優しく、効率的に

髪を完全乾燥させます

 

まだパーマ液つけてません。

 

芯まで乾燥させる、” ガラス化 ” という工程後。

熱くない温度でここまで カラカラに乾かすのは、ドライヤーじゃ時間かかりすぎて難しいんですね。

 

普段このタイミングでロッド外す事はないんですが、ご参考までに。

そして、ここでようやくパーマ液つけます!

 

と、その前に ここで1つ想像してみてください。

 

髪が真っ直ぐな人にパーマするのと、

くせ毛の人にするのと、

どちらの方が髪が曲がりやすいと思います?

 

後者の方が、かかりやすそうな気がしませんか??

 

上の写真のようにそれを意図的に作ってから、パーマを始めるので

薬剤のパワーだけに頼らず済みます。

 

それがダメージを根本的に減らせる秘訣。

パーマ前にズルしてるようなもんです。

 

(今回はアルカリ度控えめの ph 7と8 の薬をミックスして使用)

 

 

液付け直後。さっきクルクルになってた部分(オレンジ 23㎜ ロッドのところ)

これで、本当にかかりずらいのを確認できたので、20㎜のロッドに変更しときます。

数か所 チェックをしながら、5分経過したら

 

今度は ただのお湯をたっぷりと。ここで最後のかかり調節に入ります。

チェックに始まり、チェックに終わる。

経験上、ここがキモです。

 

ずっと薬剤の進行は止まらないのを意識して、調度良いとこで またマシンを浴びていただきます。

ここではちょっと小細工して乾燥を早めます。

 

2回目のガラス化も、同じようにきっちり髪を乾燥させるんですが、目的は違います

今度のは、自宅で乾かした時にも

カールが出やすくなるようにする意味合いがあります   (さっきのは薬剤パワーを抑えるため)

 

のんびり酸化ではなく、ピュッと酸化させる過水で。

ちなみに パーマはどの種類でかけても、最後 酸化作用が必要です。

それにより髪にカールが定着します。

 

 

ロッドアウト

ホッ… イメージ通りの動き (^^)

 

流す時は、しばらく残留しがちな

髪に悪いお土産を なるべく除去します

 

もうこのまま・・・

 

 

もうこのまま乾けば、それで良いんじゃないでしょうか?

 

 

 

仕上げ フィニッシュへの行きかた

 

そして 強風系ドライヤーで雑に、

風まかせ。

巻きあげるように下から上に。

(一般の人がテキトーに乾かしたと仮定して)

 

毎日 そんな丁寧に乾かせる人っているのかしら?

みなさんのリアルはどんな感じすか?

 

美容室でよくあるパーマの乾かし方に 違反するとこんな感じに...

 

ロングの方はドライヤーで乾かしきるの大変ですよね

尊敬します。

 

 

清く正しく乾かすと、右側のようになります。

(上から下に風当てたり、手の平で包むようにして、髪を散らさないように)

 

ここに手グシ入れてほぐすと、良いパーマ感でますよ~

その際、朝は整髪料 少な目でOKだと思います。

 

夜こんな風にしとけば、朝が楽かもです。

もしそれが可能な人ならば…

 

朝時間ない方は、夜は雑ドライで。 (ただし、目標は完全乾燥 でお願いします)

そして朝起きたら、なるべく早いタイミングで 水(湯)で適度に湿らせる。

( 百均でもOK→ )霧吹き使って、頬から下にまんべんなく。

そのとき、下向くと やりやすいかと。

 

支度してる間に、カールが戻ってきてるので、あとは最後に必要な整髪料をつければ 手間が少ないように思います。

 

ドライヤーが得意な人も、そうでない人もいると思うのでお好みで。

乾かし方により、仕上げ方が左右されます。

 

 

↑ お客さま自身にやっていただいた 日常モード。シルエット調整のコツをお伝えして

今回 しばった状態でも良い感じ、っていうのがメインテーマでしたからね

 

 

パーマかけてから、伸ばすのもアリじゃないですか?

髪質と 自分の性格に合う髪型で 毎日 少しでもラクしましょう。

自分でできる! が一番良いと思います。

Wガラス化エアウェーブ パーマ は、そういうとこへの近道だと思いますよ♪

 

ミディアムスタイルの方の施術例も ちらっとあります

 

 

最後まで読んで頂き ありがとうございます

以上、エンダヨシノブでした

ちょっと勇気だして チャレンジしたくなったら嬉しいです

ではまた ヽ(^o^)丿

スポンサードリンク

パーマカテゴリの最新記事