【 おしゃべり美容師 攻略テンプレート付 】美容室で会話を避けるテクニック

【 おしゃべり美容師 攻略テンプレート付 】美容室で会話を避けるテクニック

こんにちは、美容師歴20年弱の エンダ ヨシノブです

 

時おり、ネットニュースで美容室に関するネガティブな記事を見ます

美容師にとっては少々 不吉な話題ですが

「いちいち雑談なんてしたくない」

「つまらない話題を振らないでほしい」

( 僕もその対象に含まれてないとよいのですが )

 

「 天気の話 」

「 この後どこか行くんですか? 」

みたいな話しは、コミニュケーションの入り口として使われやすいですが

スタッフが変わる度に 聞かれる 代表トークではないでしょうか?

 

そこで

・雑誌、本を読みふける

・スマホに集中する

このように 回避してる人も見かけます

↑↑↑

今回は、そんなの通用しないよ~!っていう方向けの記事で

美容室で苦手な会話を避けるための「 攻めのテクニック 」を紹介します♪

→ 美容師さんに察してもらうための、伝え方です

 

『 書込み文章 & セリフ文章 』テンプレート(原案)を考えたので、ぜひ活用してみてください♪

初めて行く美容室の場合と、すでに通っている美容室での場合、それぞれのパターンあります

 

 

 

「記入」テンプレート

初めての美容室に行く場合、こんな内容を記入すると良いのでは?

 

記入テンプレート1

前の美容室は、静かに過ごせていたので通っていました。できたら髪のお話し以外はそのようにしていただけると助かります。

 

記入テンプレート2

静かに過ごせる時間のほうがリラックスできますので、会話のお気遣いは不要です。
(髪に関するアドバイスは伺いたいので、よろしくお願いします)

 

” 静かに過ごせていた “ とか ” 不要 “ など

過去の美容室との比較や、欲してない気持ちを表明して

『私をそっとしといて感』を察してもらうための文章です

 

とくに過激な内容ではありませんよね?

 

① 前半 … あなたが美容室で静かに(話しかけられずに)過ごしたいという要望を

② 後半 … でも髪に関してはプロのアドバイスを受けたいという意見を

 

メリットとして

美容師さんが不快にならず(お互いに 気まずさがなく)、髪を綺麗にすることに集中してくれます

 

♪ 必要なら テンプレートの文章を元に ご自身でアレンジしましょう♪

 

なお ホットペッパービューティーでの予約の際に、” 詳細要望を入力する(任意)” のところをチェックすると

接客への要望を3つの中から選べます

① なるべく楽しく話したい

② なるべく静かに過ごしたい

➂ 特にこだわらない

結果として

① → 選択する人はほぼいない

② → 選択する人がポツポツいる

➂ → 選択する人はいない(あえて選ぶ意味が不明)

 

「静かに過ごしたい」を選ぶためにあるようなものですが、場合によって

押しが足りない! …かもしれません

 

なので、予約入力の時か 来店後のカルテ記入の際に

「直接的な要望」として 併せて書いておくほうがオススメです♪

 

 

「口頭」テンプレート

では、すでに通ってる美容室の場合はどうでしょう?

 

初回(新規来店)のようにカルテを記入する機会がないので

髪型のカウンセリングの最後に口頭で伝えてみましょう!

(カウンセリング後のほうが 進行の流れが良いと思います)

 

口頭テンプレート1

今日はちょっと疲れぎみなので、この(カットの)時間にゆっくり休憩できたらと思ってます

 

口頭テンプレート2

最近一人で過ごす時間もなかったので、ゆっくりさせてもらえると助かります

 

など事前に伝えておき・・・

施術が始まったら、まずは しばらく目をつむる

(寝るにせよ、寝ないにせよ)

その伏線を作った後なら、今度は雑誌を読んだり、スマホをいじったりしてても不自然に感じません

ストーリーを作り、干渉されない確率を上げていきましょう

 

もし話しかけられてしまっても、” 短い返答 “ で 話しを続けないようにして、察してもらいましょう!

 

そして、次の機会にこんな要望を伝えましょう~

前回 ここで静かに過ごせて、ゆっくりできたので、もしよかったら 今回もそんな感じでお願いします

もし、仕上げの時に 髪に関して何かアドバイスあれば教えてくださいね(^^)♡

 

そして最終的には…

「 せっかくだから 美容室にいる間くらい ゆっくり過ごしてもらおう! 」という感じで

スタッフから「会話しないほうが良い お客さま」に認定されると楽だと思いますよ

 

 

どのタイミングで伝えるべき?

初めての美容室に「ホットペッパービューティー」を使って行く場合

予約内容を入力する画面の 要望・相談 記入欄

記入テンプレート』を書き込みます

 

初めての美容室に「電話予約」して行く場合

来店後、まずカルテの記入があるので、記入欄があれば

記入テンプレート』を書きます

 

もし記入欄がなければ、下記と同じで

『口頭テンプレート』で伝えましょう

 

すでに通っている美容室に行く場合

担当者との髪型カウンセリングの終わり

口頭テンプレート』を伝えます

 

 

記入の場合をまとめると

① ホットペッパービューティーの予約入力画面に出てくる「ご要望・ご相談」のところ

② 来店時に書くカルテ( 問診票のようなもの)の「 要望欄 or 備考欄 」のところ

このどちらかに書き込んでみましょう

 

 

大事な点

美容師さんも人間です

ムスッとした感じにならないようにだけ気をつけてください

 

あまりに暗い雰囲気では、なんか気に障ることしちゃったかな!? と思われます

ちょっと笑顔をチラ見せするだけでも、美容師さん側も安心しますよ

ただし変にこわばらないように(笑)

 

 

おわりに

過去に勤めてた美容室では、しゃべるほうが「良い接客」という雰囲気もありました

気楽な会話が好きという方も多いし、正解はありませんが

お客様のことを察する接客じゃないと、ありがた迷惑ってことになりかねません・・・

質が伴わないとサービスとは言えませんよね

 

【 ただ そっとしといて欲しい… 】

本来、お客様側が気を使うべき件じゃないのですが、美容師人口は増え続けてきたので

相性の良くない人に当たってしまう事もあるでしょう

せっかく美容室に来たのに疲れてしまってはモッタイナイです

次回以降は「担当者」か「美容室」を変えてスッキリ出直しましょう!

 

髪はプロにおまかせするけど、その空間は自分の好きなように過ごしたい

ごく自然な発想だと思います きちんと自分の時間を生きてください

紹介した テンプレートを活用して 安らぎをつかみ取ってらえれば嬉しいです♪

 

 

以上 エンダヨシノブでした \(^o^)/

自分の品質も、いま一度見直さないとですね~

上手な美容室の使い方カテゴリの最新記事