遠田宜伸(えんだよしのぶ)

 

美容師 ヨシノブログ をご覧になっていただき ありがとうございます!

都内数店舗を経て 美容師歴15年ほどになりますが、まだまだ沢山の発見や、皆さんにお伝えしなければいけないことがあります。

髪に関する事で困ってる方へ、良いヒントが見つかるブログに育てていきますので、よければ参考にしてみてください♪

 

プロフィール

昭和56年生まれ、埼玉育ちの次男(兄と6歳差)。中学ではバスケ、高校は無所属。美容専門学校は留年したが無事卒業

略歴

・中規模サロンに入社(1店舗のスタッフ15名くらいが数店舗)(21歳)

・8年在籍したが、学生の時から妄想してた旅行がしたくなり退社(29歳)

30歳を迎える前に 何者かにならなければと、(結果的に)1年半ほどの期間中  海外・国内を時々フラフラ、1度マラソン大会に出場してみたり

 

・小~中規模サロンに入社(1店舗7名くらいのスタッフが数店舗)(30歳)

・3年ほどで退社(33歳)

・派遣美容師として千円カットに2日間、業務委託サロンに2カ月ほど勤務

美容師としての多様性を知りたかったので、とても良い経験に

 

・2014年12月、兄がオープンするHAPPIELに便乗(33歳)

 

肉付けプロフィール(経歴だけで充分な方は 以降ご覧になるほどではありません)

勉強やスポーツがとくに好きってわけではないけど、昔から絵を描いたり、工作やプラモデル作りは夢中になれました

どちらかというと 周りのみんなと同じものを選べないタイプで、いつもちょっとズレてる人だったのかもしれません

でも、親や友人には恵まれていたと思ってます

とくに取り柄はないけど、美術は好きだったので、高校3年生の時に建築系か美容師で進路に迷う

当時 美容師見習いをしていた兄に建築系は「 食べていけない 」と教えられ、消去法で美容師の道へ

(そういえば、小さい頃なりたかったのは大工さんだったような・・・)

 

高校卒業後は、実家の埼玉から 2年制の渋谷の美容学校に通えることに。1クラス60人で、男子が20人くらい

毎日キラキラした学生生活を想像しますよね、僕の人生 けっこう女子と絡むこともなかったし、なんたって大都会だし!

 

しかし現実は、美容師を目指してるとは思えない骨太?な連中に囲まれ、毎日 思春期特有のエネルギーを持て余してました

皆さんが美容学生と聞いて 想像されるような 清々しさや 勤勉さはなく、濃密なようで薄っぺらい 乾いて飢えた時間を過ごせましたね

就職なんてすると、もう自由な時間もないと思い 遊ぶことには貪欲でした  人一倍

(全くもって今に活かされてることはありません?が、我の強さや しつこさみたいなものが開花した時期のように思います)

 

そして1年目が終わり、浮かれていた春休み…

無駄に足をのばした先の横浜で 友人が運転する車に乗っていて真夜中 交通事故に !!

 

第3腰椎圧迫骨折(へその裏側)・左足くるぶしの骨折

がっちりぶつけられ 車は大破というそれに

 

助手席に座っていたが、シートベルトなんてしておらず、一歩間違えたら 完全に死んでたっぽいです

幸い? なぜかシートを倒して わりと横になっていたので、フロントガラスから飛び出さずにすんだようです・・・

その瞬間の記憶はなく、気づいたら病院の診察台の上でしたね

 

結局、大きな外傷はなかったけど、腰を骨折していたため 3カ月半くらいは入院することに~

そして 留年確定

 

もう何が嫌って、2年制の学校なので、ダブると元の同級生が卒業していることです

完全にグループや空気感が成立してる アウェーの状態で1年間を送るという …今までにないチャレンジ!?

 

まぁ僕の視野には選択肢はないので、興味本位でドキドキの2年生へ

 

結果から言うと、

 

苦しかった...

 

 

 

続く(これを機にひっそり道程をつづってみます、たまに)