【ヘアドネーション 不安解消マニュアル】長さ (簡単な測り方)・31cm? 15cm? 違い・仕上がり目安・ダメージ毛・お手入れ・年齢 【まとめ 】

【ヘアドネーション 不安解消マニュアル】長さ (簡単な測り方)・31cm? 15cm? 違い・仕上がり目安・ダメージ毛・お手入れ・年齢 【まとめ 】
    

もう少しで20年選手になりそうな
美容師 エンダヨシノブ です

 

ヘアドネーション → hair (髪)   donation (寄付,寄贈)

あなたの切った髪の毛を寄付できる ボランティアです

病気などで髪の毛を失い、医療用ウィッグを必要としている子ども達に、原料となる(主に31cm以上の)毛髪を提供すること。
その髪の毛は、選別・加工の工程を繰り返したのち、ウィッグとして生まれ変わり、お子さまたちの元に届けられています。

小児用ウィッグはオーダーメイドのため高額になりやすいうえ、体の成長にともない買い換えていかなければなりません

治療と併せると大きな負担になってしまいます

 

ヘアドネーションの活動を通して その負担を和らげるお手伝いをしてみませんか?

 

芸能人のSNSなどから、活動の存在を知る方も増えてますよね

美容室ハピエルは、ジャーダック(JHD&C)というヘアドネーション団体に、賛同美容室として2017年から登録しています

詳しい活動はこちら 「JHD&C 」公式ホームページ 

 

2019,10月、新たな寄付の方法が登場!

(記事最後にも有り)

 

この記事では、実際の現場でよくある質問をまとめましたのでどうぞ♪

 

長さに関して

できたら 31cm~ の寄付が望ましいです

(全頭につける為の ” フルウィッグ ” の用途として考えるならば)

 

※ さんじゅう ” 1 “ cmというのは、(アメリカが発祥なので)インチという単位を センチ基準にしたとき、日本人にとっては半端な「31」センチとなります

 

ウィッグにする時は31cmの毛髪を半分に折り返して植え付けるので、約15cmの長さとなってしまいます

もし、ながーーーーい髪を育ててドネーションしてもらえると、長い髪のウィッグ提供につながります♪

(とくに50cm以上の髪が不足しています!!)

 

長さに関して不安なら、1度カウンセリングだけの来店も可能か 電話確認してみるのもオススメです!長さの目安がはっきりすると頑張りやすいのでは?

 

もし長さが少し足りない場合、例えば、さまざまな実験用として、カラーの毛髪見本用として、 etc… 転売する事により、トリートメント費用に充てることができるので、それはそれで間接的に役立ちます!!

ちなみにウィッグ1つにつき3000円ほどかかります

たとえ髪を伸ばせなくても、賛同美容室の募金箱 or ジャーダックのホームページから振込先に寄付金を送るとかでも参加可能です♪

 

 

私たちは31cm以上を目安にしてるジャーダックさんと提携してますが、15cmからの寄付が可能な団体もあります

「つな髪」 公式ホームページ

 

実際15cmの毛髪は 物理的にフルウィッグは難しいので、帽子に毛束を付けたものに使われます

治療などの状況により 必要なウィッグの種類が違うそうです!

どうしても伸ばすことが困難だけど、ヘアドネーションはしたい!という方はこちらからの参加も可能です♪

 

 

「長さ」と「髪型」ざっくり目安

現状: バストまで」の長さの人

→  ショート〜 肩より上のボブ系の髪型が可能

 

現状: 「バスト以上」の長さの人

→  肩ジャストのボブ~鎖骨下(ミディアム)あたりの髪型まで可能

(それより短くするのは全く問題ないです)

 

切った後 しばれる長さを残したい場合は、バスト以上に伸ばしましょう  (^^)/

 

~ 簡単な長さの測り方 ~

5千円札の横幅は15.6cmなので、2枚で31.2cm

同様に 千円札は15cmなので、2枚で30cm

1万円札の横幅は16cmなので、2枚で32cm

 

例えば ” 毛先から “ お札を2枚 縦に当てると

2枚目の位置が 約30cm切ったら残る 髪の目安になります

他人のいないところで確認しましょう(笑)

↑↑↑

長さの目安と、 髪型 」 とは違います

髪を伸ばたら、髪型(ヘアスタイル)は美容師さんと相談しましょう!

 

ドネーションで毛束を切る際に、地毛を長めに残すように切る場合があります(= 寄付する毛束は短くなる)

切りすぎない事を優先する美容師さんが担当の場合、少し長めに伸ばしといたほうが良いかもしれません

※ 僕は1㎝でも多く寄付にまわせたらと思うので、「髪質を見て」なるべくジャストの長さで切ります

 

 

髪型どうしよ?? そんな人はコチラも

(記事最後にも有り)

 

さらに

 

サイドに段が入ってる方や、毛先を軽く(薄く)してる方は、

その部分は31cm 未満となってしまうので、耳後ろの髪をメインに寄付すると考えても良いと思います!

( 伸ばせるなら 伸ばすに越したことはないですが、無理して ストレスになるくらいならば 

 

ロングヘアをばっさり切ると、隠れて見えてなかった クセが出てくることもありますので

美容師さんに スタイリングの仕方を相談してみてください

誰でも最初、不慣れなことは上手くできないですからね!

僕は、説明やカットに時間が多くかかるので、ドネーションのお客様は 1時間30分で予約を承っています

 

また、カラーやパーマを一緒にされる方もいます

その場合は予約の段階で伝えといてくださいね

人数の少ないお店の場合、次の予約が入ってると対応できないのです~

 

ボブ×パーマ

 

ショート×パーマ

(記事最後にも有り)

 

 

髪のダメージに関して

誤解されてる方が本当に多いのですが、カラー・パーマ・ストパー(縮毛矯正) などで

ダメージ有っても 問題ありません!!

手で引っ張って 髪が切れないレベルなら ストライクゾーンですから ご安心を (^^)

なのでダメージうんぬんよりも、長さを伸ばすこと自体が唯一の壁だと思います!

 

 

普段のお手入れは?

ヘアドネーションをして作業所に届けられた髪は、タイのアデランス(提携してる)工場で、選別や加工を繰り返してウィッグへとなっていきますが

1人分のウィッグ作りに 20~30人分の毛髪が必要になります

 

別人の髪を集めてても、まったく区別のつかない髪に特殊加工されます

( 溶液に浸けて キューティクルを剥がしたり )

時間をかけて相当な作業の末 ウィッグへと生まれ変わるのです!

それをふまえると

ヘアドネーションのために(家や美容室で)トリートメントをして、質を良く保とうとするのは、とても素敵な心づかいだと思いますが、上記の理由で特別なお手入れ」は必要以上に考えなくて大丈夫ですからね~

伸ばすだけでもハードル高いのに、そこまで気にしなくてもOKです!

 

 

年齢

こちらも全く関係ありません。もちろん白髪の方もOKです。国籍すら関係ありません

小学校入学前~50代の方までいらしてます

 

30センチ以上の長さをバッサリ切るって、人生でそう何度もできないと思います

年齢は考慮しなくて大丈夫なので、よければ1度だけでもいかがでしょう?

( …お1人だけ、20代の頃から通算10回くらいされてる方もいらっしゃいました!当時は個人で外国まで送るのは大変だったと思います… )

 

 

まとめ

ここまで読んで頂けたら、事前に必要なこと(& 必要ないこと)は確認できましたか?

まとめます

「 ここまでなら切ってもイイかな? の長さに「+31cm」ありそうなら大丈夫です! 」

 

例えば

・ 肩に付かないボブ

→ 肩の位置より下に31cmあれば「余裕」で大丈夫です

(ボブの髪型は前下がりベースに切ることが多いので、サイドに比べ、後ろの髪は より短くて大丈夫です)

 

・ショートヘア

→ アゴの位置から31cmあれば「余裕」で大丈夫です

(ショートスタイルだと 横の髪がそのくらいあれば充分です)

 

・ショートボブヘア(ショートとボブの間くらい)

→ 首の真ん中から31cmあれば「余裕」ありです

(首の長さにもよるので、真ん中からなら安全圏かと)

 

もし長さが足りなければ、少しバランスが崩れますが、その髪型の短めバージョンにしてもらいましょう

数か月後に ” おおよそ ” 希望の髪型になってることと思います

 

長さや髪型に不安があるなら、美容室にカウンセリングのみの予約が可能か確認してみましょう~

 

また、ヘアカタや検索で目にする髪型は、毛先をカールさせたり、スタイリングがされてます

実際はご自身の想定より少し長い可能性が高いので、カウンセリングの際にしっかり確認してくださいネ!!

 

 

以上 エンダヨシノブでした

気になる点は解決しましたか? ロングヘアを切れるチャンスでもあります\(^o^)/

 

支援の方法はさまざまですよ~

 

さて、髪型どうしよ??な人へ

 

ボブ×パーマ

 

ショート×パーマ

 

ひそかに気になるよね…

 

もしロングヘアが難しければ、こんな応援の仕方もあります

 

この記事がお役に立ったら、お困りの人にシェアしてもらえると嬉しいです (^^)/

下に【オススメ記事・関連記事・ご予約】もあるので、ゆっくりご覧になってくださいね♪


ドネーションの気になるアレコレカテゴリの最新記事