【写真24枚】縮毛矯正毛にデジタルパーマでワンカール【肩下ミディアム】

【写真24枚】縮毛矯正毛にデジタルパーマでワンカール【肩下ミディアム】
    

こんにちは、美容師として20年選手の エンダヨシノブです
( twitter : @enda_yoshinobu


あなたの知りたいことが解決したり、良き方向性が見つかるよう せっせとブログ書いてます~


お悩みや 迷いを抱えた方こそ、どうぞ最後までお楽しみください♪





 

美容師さんのSNSって、ほんとオシャレな髪型ばかりですよね

同業者だけどマネできないし、尊敬しちゃいます

 

でも、

あれって・・・

 

ブローや ヘアアイロンをしてない状態ってどうなってるの?

整髪料ついてない状態ってどんな感じ?

モデルさんみたいな髪質じゃない人はどうなるの?

 

って、いつも思ってしまうんですよね。。。

 

だって、まっさらな髪を毎日スタイリングするのは

あなた自身なんですよ!?

 

なので

 

始めと終わりを チャチャっと見せるより

ひとつの髪型が完成していく過程を見てもらった方が

リアルに参考になるかと思うので

写真24枚 + 解説でまとめてみました!

 

今回は、縮毛矯正をしてるお客さまに、デジタルパーマを使って

ワンカールぶん曲げた施術例です

(たしか お客さまは人生初パーマだったかと思います)

 

縮毛矯正してる方や、ワンカールパーマってどんな感じ?という方

ホンネのレポートなんで参考にしてみてください~

 

 

施術前

9カ月前にご新規で 縮毛矯正かけさせてもらったお客さまです

昔から半年ごとに矯正をされていて、なおかつ

当時はカラーが退色して少し明るくなってましたね

 

そんな履歴をお持ちの方です~

※ シャンプー後で髪が濡れた状態

 

たしか最初にいらした時、以前かけていた矯正部分に クセの戻りがでており

全体がモワーッと エネルギッシュな髪だったかと思います

(僕はリタッチ派ですが、やむなく全体にストレートかけました)

参考記事

 

 

クセなんてないじゃん?って感じですかね

 

ではオープンしてみましょう~

↓↓↓

 

ずばり 生命力にあふれてます

あと、濃密な量感も伝わりますか?

 

耳より後ろ、後頭部の内側は大海原のようにウネっているが

表面側は凪状態、クセ毛の在り方もサマザマですよね

 

 

カット後

普通のカットをして、普通に乾かした状態です

 

こんなふうに切ってみました

フロント側を切り込むよう段差をいれてみました

 

ハンドブローや、ブローはしてない状態なので

まだまだ縮毛矯正が効いてますね

 

ざっくりこんなイメージです

※ 粗い図ですがご容赦ください

 

 

反対側も一応

 

 

 

後ろ側、こっちは ほぼ段差をつけてません

なぜなら、後頭部は内側から膨らみやすい状態だし

ここにパーマがウネウネあっても、サマにならないからです

 

さあ、この髪にワンカールいれていきましょう~

 

 

パーマ中

ワンカール系は いつもデジタルパーマでかけます

 

巻き自体は、美容学生でもできるレベルで

もしかしたら、ご覧になってるあなたも半日ほど練習したらできると思いますよ♪

 

髪に新たな波動を吹き込んでます

 

そうそう、僕は縮毛矯正やデジパの時、髪の処理剤(補強剤)は一切つけません

現状の髪の強度に合わせて施術するだけなので、厳しすぎる髪の場合はお断りしてます

あしからず

 

さて、新たな波動を得た代償は、これです

 

先に巻いたロッドを外した結果

古き良き 昭和のスナックのママさんがそこに。。。

 

つい 謝っちゃいそうになります

 

もしかしたら聞こえてるかもしれません

この時 僕の心臓はバクバクいってますから

 

 

乾かす前

先ほどのママさんスタイルの後、つけた薬剤を流してみました

 

ふ~む…

 

お、なんか大丈夫そうですね

 

 

 

よし、バックもシルエット崩れてないですね

 

ちょっとクシでとかしてみましょうかね

 

いつも通り髪を曲げたら

いつも通りの光景で

いつも安心してます

 

曲げたいところを曲げる

曲げたくないところは残す

これがキモです

お客さまが絶対的に楽ちんなので

 

おっと、後頭部は盛り上がってますね

せっかくなので 水を差さないように

下から上向きに

ひたすら強風ドライでめくり上げます~~~

 

終始こんな感じですね↓↓↓

※  違うお客さま

 

すると…

※ また違うお客さま

たぶん全国の美容師さんとは、乾かし方の目的が違うので

このように バサバサ〜っと乾かします

 

 

ドライヤー後

では乾かしきって

「 手グシ 」

をザクザク入れたらこうなりました

 

↓↓↓ ハンドブロー・ブロー・アイロンなし

今なんにも付けてないです

(最後にもシャンプーして それだけの状態)

とうぜん毛先はキシんでますよ

まだ、ただ風に当たっただけの人です

 

でもこれって美容師が乾かしたから こうなってるの??

ポイントは、分け目をつけてないことです

※ 皆さん てっぺん潰しすぎです

それはカットの仕様ではなく、乾かすという行為をどうやるかの話です

この場面で、どこに意識を向けるべきかクドクド説明します

 

 

仕上げ

おつかれさまでした~

毛先にツヤ感の出るオイルを付けてみました

 

量を減らしたい方は、付ける前にドライカットしますが

今回はそのまま仕上げへ

良い感じですね♪

とても縮毛矯正してるようには見えないですよね

とくに内巻きを狙ってるわけでもなく、自然とこうなってました

 

撮るとき、ハチ周りの膨らみをスマートにするため、少し耳にかけてます

耳後ろの髪は、すべてを前方に持ってこないだけで、量が少なく見えますよね

 

今回はたまたまですが、本当の撮影の時は、とにかく魅せ方の工夫をするものです

つまりSNSの写真とかヘアカタとかって、『作者の見せたいように調節したもの』ってことです

だからこそ、普段見れないはずの部分をここで紹介しています

 

 

おまけ

ツヤ感のでるオイルをつける前の状態…

 

だいぶ前のカットで、すかれ過ぎていた跡がまだまだ残っているんです

 

中間から下の部分、その質感が違ってるのわかります?

こういうのは切り落とすまで、かなり時間かかります

でも

ベストな状態になるまで待ってたら年単位で何もできないので

今回のようにギリギリ大丈夫なところまで切れれば

パーマのひとつやふたつできるようになります

※ とはいえ無理にはやりたくない

 

つぎに

バックの毛先、あまり曲がってないのわかります?

 

僕はそのほうが、お客さまがやりやすいと思うので

サイドとバックでカール感を変えています

カールしてることにより、セットする時間がかかるようでは「お得」ではありません

 

こうすると、バックからサイドのカールの役割が明確ですよね

 

パーマって

ねじったり、持ち上げたり、そ~っと乾かしたり

なんてしてたら、朝 めんどくせ~~~~~~

ってなりません!?

 

だから完全乾燥さえしてれば、もう何も考えず テキトーに終了でOK

だって、そこにカールはもうあるから

 

そして それは

切らなきゃ、ずっとそのまま残ってるから

 

それが

僕が考える『普通のパーマ』なんです

 

縮毛矯正やパーマで、髪を伸ばしたり、曲げたりって

カットじゃ叶わない『形』のコントロールです

 

でも、それって魔法じゃないから

現実的に 施術面での制約みたいなものができてしまいます

 

ふだん髪がどうしても思い通りにならない人は

何かを捨てて、何かを得る…

もしその覚悟ができたのなら、とても良い選択肢になるかもしれませんよ♪

 

縮毛矯正毛にパーマは、限られた方しかできません

 

縮毛矯正のことを知らずにやってると危険?

 

あなたの縮毛矯正、ちゃんとかかってますか?

 

 

以上 エンダヨシノブでした\(^o^)/

※ 縮毛矯正とデジタルパーマを、同じ手法で考えてる美容師さんは、同日施術するかもしれませんが

僕は違う手法で 作り直してるので、同日施術は受けていません

正解はないけど、失敗されやすい施術なので、甘い見通しには注意しましょう~

 



" 美容師 ヨシノブログ " を最後まで読んでいただきありがとうございます😊


ご来店をお考えの方は コチラ も一読いただけると幸いです

こだわりがある方もない方もぜひ🌈


Twitter(@enda_yoshinobu) でブログ更新のお知らせや 小話をしています↓↓↓

ご予約について

CTA-IMAGE 美容室HAPPPIEL (ハピエル)は、マンツーマン対応がメインです。 そろそろ「きちんと髪を育てたい」、そろそろ「美容室を固定したい」、そのような方に向いてると思います。 ※ どちらかの担当者を " 指名 " いただけると非常に助かります( 指名料ナシ )。複数のお客様を同時施術するより、目の前の方だけに集中したいので、よろしければご協力お願い致します。